こんにちは、Curlpingです。

みなさんは他人と話すのはお好きですか?

得意不得意というのはあるかもしれませんが、
仮に苦手であったとしても嫌いになるのは
もったいないものです。

かくいう私も昔は人と、
特に初対面の方と話すのが苦手でした。

しかしながら、
話すことのメリットに気付いてからは楽しくなり、
少しずつ苦手意識もなくなってきたのです。

そこで今回は、他の誰かと会話することにどのようなメリットがあるのかと、
どのように話題を持ち出したら良いのかということを、
私の経験も踏まえながらご紹介いたします。

◎誰かと話すことのメリットって?
●発信することで思考が整理される
頭の中で考えていることと外に出すことはまた違うものです。
いざ説明しようとすると、うまく話せないという経験はありませんか?
私自身も、緊張していないのに言葉に詰まるということがよくあります。
これは、言語化ができないというよりは、
そもそも考えていることが曖昧であるというのが原因でしょう。
思い浮かべているだけでは意外と見えていない部分もあるのです。
言葉にすることによって、なぜそのように考えているのかなど
論理の部分が補強され、思考が深まります。

●背景や捉え方が異なる他者からの視点が入る
他の人と話をしていると、思いがけない一面を指摘されることはありませんか?
これは、異なる角度からのアプローチだからこそ起こるものです。
当然のことながら、他の人は捉え方やそう考えるに至った背景が違います。
そういった視点は、また違ったご自身を知るきっかけにもなることでしょう。

●相手のことを知るきっかけになる
話してみたときに「思っていたのと違うな。」と感じたことはありませんか?
誰かと話すことはその人の情報も手に入れることになります。
相手の考え方や内面を垣間見ることができるのです。
情報の中には、ご自身が興味を惹かれるようなこともあるかもしれません。
そういったことを通して、相手のことを本質的に知って、
さらに会話を膨らませていくきっかけとなることも多いのです。

◎どのように話し始めればよいのか?
そんなメリットの多い他の人と話すことですが、
「そうは言ってもどう話せば良いかわからないし…」
という方もいらっしゃるかもしれません。
たとえ話すことの恩恵があると知っていてもその方法がわかっていないと難しいですよね。
そこで、最初に話しかける際にどのように話題を持ち出したら良いのかということをご紹介しましょう。

●天気やニュースの話をする
一つの方法として、ご自身と相手の方が共に知っている話をするというのがおすすめです。
たとえば、天気については同じ場所にいなかったとしても同じものがイメージできるため、話しやすい内容となります。
また、ちょうどホットなニュースの話題も情報が一致している点で話しやすいでしょう。
ただ、それだけでは話が続かないでしょうから、
過去や未来へと時間をずらしたり、
相手の身の回りのことを質問したりして、
広げていくのがおすすめです。

●共通の趣味を話題にする
趣味や経歴など、お互いにとって共通することを話題にするのもおすすめいたします。
好きなことや興味のあることを他の人と話せるのは楽しいものです。
特にその領域をよく知っている同士であれば、その話題だけでも長話ができます。
相手に共感を呼びやすい内容を通して、距離を縮めていきましょう。

●相手を褒める
相手との距離を縮める方法として有効なのが、相手に対して良い評価をするということです。
ご自身をよく言ってくれる人に対して悪い印象は抱かないですよね。
そこでそれを相手に対して行いましょう。

たとえば、相手の髪型・服装・靴といった外見に対して良い言葉を投げかけるというものだと行いやすいです。
また、顔色が違ったら心配するのも、相手からすると見てくれているようでうれしくなります。
性格などの見えない点にまで気づいて褒めることができると、一気に距離も近くなっていきます。

そして、これはその相手の方との関係にとどまりません。
他人のことを良く評価する方に対して悪い印象は抱かないですよね。
あなたと相手の方の会話を耳にしたあるいは見た方があなたに対しても好印象を持つことで、別の機会に話しかけてもらえるあるいはあなたの方からアプローチした時に快く受け入れてくれることにつながります。

◎まとめ
今回は、他の誰かと会話することに
どのようなメリットがあるのかについて、
ご紹介いたしました。

話すこと自体にエネルギーは必要かもしれませんが、
得られるものも多いです。

自分自身の考えが整理され、
違った角度からの意見によって深まっていきます。
そして何よりも、

自分自身が興味を持っていることや好きなことなどを他の人と共有できるのは楽しいものです。

自分自身のことは意外に知らないもの。
異なる角度から見つめて、お互いの理解を深めるためにも、
他の人との両者が幸せになるような対話を積極的に行っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です