12月のこの時期に紅白歌合戦の話題を耳にすると、年末が近づいていることを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
2019年のNHK紅白歌合戦に関しては、企画や出場歌手の追加発表が連日のように行われています。
そして本日20日、紅白歌合戦で歌う曲目も発表されました。
今回は、第70回NHK紅白歌合戦の出場歌手の曲目についてご紹介します。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)での出場歌手の曲目発表された、第70回NHK紅白歌合戦(2019)での出場歌手の曲目は以下の通りです。




●紅組

🎙aiko(あいこ)🎙
紅白には2年連続14回目の出場です。前回2018年の紅白歌合戦では『カブトムシ』を歌いました。今回の紅白での曲目はヒット曲の『花火』で、初めての歌唱となります。

🎙いきものがかり🎙
紅白には2年連続11回目の出場です。活動休止期間以外は初出場依頼出場を続けており、幅広い世代から人気があります。今年の紅白歌合戦での曲目は『風が吹いている』です。来年の東京オリンピックに向けて盛り上がるステージとなることでしょう。

🎙AKB48🎙
紅白には11年連続12回目の出場です。これまで数々のミリオンヒット曲を誕生させ、女性アイドル界を牽引してきました。今回の紅白でAKB48が歌う曲目は、『恋するフォーチュンクッキー』で、世界にまで拡大した姉妹グループの選抜メンバーで歌います。

🎙欅坂46 (けやきざか)🎙
紅白には4年連続4回目の出場です。2016・2017・2018年とその年に発売したシングルを紅白歌合戦で歌唱していますので、今回の紅白は2017年にも歌唱した『不協和音』が選ばれました。

🎙椎名林檎(しいなりんご)🎙
紅白には6年連続7回目の出場です。東京オリンピック・パラリンピックへの式典企画にも携わっていて、2017年・2018年の紅白歌合戦ではコラボレーションを披露しました。今年の紅白での曲目は『人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~』で、メドレーも考えられます。

🎙島津亜矢(しまづあや)🎙
紅白には5年連続6回目の出場です。歌怪獣の異名を持ち、多くの名曲をカバーしています。今回は、中島みゆきの代表曲である『糸』を紅白のステージでカバーします。

🎙TWICE(トゥワイス)🎙
紅白歌合戦には2017・2018年に続いて3年連続での出場です。韓国出身5名・日本出身3名・台湾出身1名からなる多国籍の女性アイドルグループで、若者を中心に人気を集めています。今回の紅白での曲目は『Let’s Dance Medley 2019』で、当日のお楽しみとなりそうです。

🎙乃木坂46 (のぎざか)🎙
紅白には5年連続5回目の出場です。坂道グループの元祖として、女性アイドル界を牽引しています。2連覇中のレコード大賞の優秀作品賞には『Sing Out!』がノミネートされていますが、紅白歌合戦での曲目は『シンクロニシティ』です。

🎙Perfume(パヒューム)🎙
紅白には2008年以降、12年連続12回目の出場です。2018年の出場で、ザ・ピーナツが持っていた、女性アーティストの非同一楽曲による紅白歌合戦での歌唱記録を更新しました。今回の紅白の曲目は『FUSION -紅白Ver.』で、ステージの演出も楽しみです。

🎙松田聖子(まつだせいこ)🎙
紅白には2年連続4回目の出場です。今回の紅白の曲目は『Seiko Best Single Medley』で、本番のお楽しみということでしょう。ちなみに前回2018年の紅白歌合戦では、4曲を歌いましたので、今回も3・4曲をつなぐものと考えられます。

🎙MISIA(ミーシャ)🎙
紅白には2年連続4回目の出場です。前回2018年の紅白歌合戦では初めてNHKホールで『アイノカタチ』『つつみ込むように…』歌唱しました。昨年に引き続いて『アイノカタチ』を歌い、メドレーと記載されていることからもう1曲は紅白本番のお楽しみです。

🎙LiSA(リサ)🎙
2011年にソロデビューを果たした岐阜県出身の女性歌手です。観客を巻き込むようなライブパフォーマンスが人気で、2018年には、7年ぶりにシングルとアルバムでオリコン1位を獲得し、女性歌手の中では史上4組目のベスト盤での1・2位独占も達成しました。初出場の紅白では、今年7月に発売された15枚目のシングル『紅蓮華』を歌唱します。

🎙Little Glee Monster(リトルグリーモンスター)🎙
リトグリと呼ばれるコーラスグループで、紅白歌合戦には2017・2018に続いて3年連続3回目の出場です。今年のワールドカップを盛り上げ、かつNHKのテーマソングであった『ECHO』を紅白のステージでも届けます。


●白組

🎙嵐(あらし)🎙
紅白歌合戦には11年連続11回目の出場となる男性アイドルグループで、メンバーの櫻井翔さんは白組の司会に選ばれています。予想通りタイトルは『嵐×紅白スペシャルメドレー』のメドレー形式ですが、その中での曲目は紅白本番でのお楽しみです。

🎙Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)🎙
ヒゲダンの愛称で知られる、4人組のピアノPOPバンドです。2018年のメジャーデビュー以降、若者を中心に支持を獲得し、2019年のNHK紅白歌合戦への初出場を果たしました。紅白で歌唱する曲目は、今年2019年5月の2枚目のシングル『Pretender』です。

🎙Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)🎙
キスマイの愛称で知られる、ジャニーズ事務所に所属する7人組のアイドルグループです。初出場の紅白での曲目は、デビュー曲の『Everybody Go』です。

🎙King & Prince(キングアンドプリンス)🎙
キンプリの愛称があり、紅白には2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続2回目の出場です。昨年はデビュー曲を歌唱しましたが、今年は『King & Prince~紅白スペシャルメドレー~』として2曲以上を歌唱します。

🎙GENELATIONS from EXILE TRIBE(ジェネレーションズ)🎙
2012年11月にメジャーデビューした7人組のダンス&ボーカルグループです。これまで発売されたシングル20枚はいずれも最高順位でトップ10を記録しています。初出場となる2019年の紅白歌合戦での曲目は、『EXPerience Greatness』と発表されています。

🎙純烈 (じゅんれつ)🎙
2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続2回目の出場です。様々な楽曲を出していますが、その中でも人気が高い10枚目のシングル『純烈のハッピーバースデー』が紅白での曲目に選ばれました。

🎙菅田将暉(すだまさき)🎙
大阪府出身で、俳優として映画・ドラマ・CMなどで活躍しています。歌手としては2017年にデビューし、2019年のNHK紅白歌合戦への初出場を果たしました。2019年5月に発売された配信シングルの『まちがいさがし』が紅白での曲目です。

🎙DA PUMP(ダパンプ)🎙
2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続7回目の出場を果たした、ダンス&ボーカルグループです。振付のいいねダンスなどが人気を集めた『U.S.A.』以降、シングルを積極的に発売あるいは配信しています。今回の紅白での曲目は、『DA PUMP ~ONE TEAMメドレー~』で、何を歌うかは当日のお楽しみです。

🎙星野源 (ほしのげん)🎙
紅白歌合戦には2015年の第66回以降5年連続5回目の出場です。紅白での曲目は、今年配信された『Same Thing』と発表されました。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の最新情報


●ビートたけしが紅白歌合戦に歌手として初登場!曲目は『浅草キッド』

出場歌手の紅白での曲目と合わせて、ビートたけしさんの歌手としての紅白への登場が発表されました。言うまでもなく芸の重鎮であり、今年の大河ドラマ「いだてん」の高座の場面でおなじみの方も多いと思います。紅白には2000年・2001年と過去2回出演経験があり、いずれも氷川きよしさんの応援ゲストでした。ビートたけしさんが紅白で歌う曲目は『浅草キッド』で、ご自身の下積み時代のことを歌にしています。



◎まとめ
今回は、2019年末の第70回NHK紅白歌合戦の出場歌手の紅白での曲目についてご紹介しました。紅白での歌唱順に関しても、数日中に発表される見込みです。紅白での曲順などが決まりましたら更新していきますので、参考にしていただけますと幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です