12月のこの時期に紅白歌合戦の話題を耳にすると、年末が近づいていることを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
2019年のNHK紅白歌合戦に関しては、企画や出場歌手の追加発表が連日のように行われています。
そして間もなく、紅白歌合戦で歌う曲目も発表されることでしょう。
今回は、紅白歌合戦への出場歌手発表後に出た情報を中心に、紅白で歌う曲目の予想もご紹介いたします。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の最新情報

2019年の年末に開催される第70回NHK紅白歌合戦は全体で41組(紅組が21組・白組が20組)と11月14日に発表がありました。その後、白組からRADWIMPSが、特別企画として竹内まりやが紅白歌合戦に出場すると発表されるなど、様々な情報が少しずつ公表されています。ここでは、最近数日にあった大きな出来事を二つ取り上げましょう。


●ユーミンが再び紅白に

ユーミンこと松任谷由実さんが、今年も紅白のステージで歌唱することが決まりました。通算3回の出場で、前回2018年の紅白歌合戦では視聴者から曲目を募集する企画もありました。スタジオでの事前収録の『ひこうき雲』に続いてNHKホールに登場し、『やさしさに包まれたなら』の大合唱があったのを覚えている方も多いかもしれません。

今回歌うのはラグビーを見ていて着想を得たという楽曲『ノーサイド』です。35年前の1984年に提供した楽曲で、同じ年にセルフ―カバーをされています。今年は日本でラグビーワールドカップが盛り上がりましたが、そこで活躍した選手たちも出演し、紅白のステージでユーミンとともに感動の瞬間を振り返る特別企画が設けられる予定です。


●米津玄師×嵐のコラボレーションを紅白で初披露

その前日、米津玄師×嵐のコラボレーションを紅白で初披露すると発表がありました。米津玄師さんは2018年の紅白歌合戦に『lemon』で初出場を果たし、今年の紅白歌合戦でも歌われるのが濃厚な『パプリカ』の作詞作曲も手がけています。今回のNHK紅白歌合戦では、米津さんの作詞作曲で嵐のみなさんが歌唱する『カイト』が披露されるようです。2020年にNHKはこの楽曲を積極的に使用することを公表しており、2019年の第70紅白歌合戦がその最初の場となります。歌手の米津玄師としての紅白出場はまだわからないところもありますが、楽曲提供の面では大きな影響をもたらしていると言えるでしょう。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)での出場歌手の曲目予想

以前別の記事で、第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手とその予想を載せました。
https://curlpingnosiawase.com/70th-nhk-kohakuutagassenn-2019-syutujyouhasyu-yosou-kekka-hatusyutujyou-kinggnu-lisa-ninatazaka46-foorin-officialhigedanndism-sudamasaki-generations-kismyft2

それの続編として、今回は2019年第70回NHK紅白歌合戦での出場歌手の曲目予想を行いました。ここでは、既に紅白歌合戦で歌う曲目が発表されている、AKB48・LISA・竹内まりや・松任谷由実以外の紅組19・白組21組の歌手の紅白歌合戦での曲目を予想しています(一覧は一番下です)。迷った点や選んだ意図などもご紹介していきましょう。


●紅組

🎙Little Glee Monster(リトルグリーモンスター)🎙
リトグリと呼ばれるコーラスグループで、紅白歌合戦には2017・2018に続いて3年連続3回目の出場です。個人的には『君に届くまで』を推したいのですが、今年のワールドカップを盛り上げ、かつNHKのテーマソングであった『ECHO』が強すぎるため、おそらくこれで決まるでしょう。

🎙欅坂46 (けやきざか)🎙
紅白には4年連続4回目の出場です。2016・2017・2018年とその年に発売したシングルを紅白歌合戦で歌唱していますので、今回の紅白は2019年2月の8枚目のシングル『黒い羊』が選ばれると予想されます。

🎙乃木坂46 (のぎざか)🎙
紅白には5年連続5回目の出場です。2015・2016・2017・2018年とその年に発売したシングルを紅白歌合戦で歌唱していますので、今回の紅白も同じ流れでしょう。その中でも、2連覇中のレコード大賞の優秀作品賞にもノミネートされた『Sing Out!』を選びました。

🎙椎名林檎(しいなりんご)🎙
紅白には6年連続7回目の出場です。東京オリンピック・パラリンピックへの式典企画にも携わっていて、2017年・2018年の紅白歌合戦ではコラボレーションを披露しました。これまでその年に出した楽曲を歌唱していて、配信はなかなか読めないところも多いですが、新曲である『公然の秘密』と予想しています。

🎙Perfume(パヒューム)🎙
紅白には2008年以降、12年連続12回目の出場です。2018年の出場で、ザ・ピーナツが持っていた、女性アーティストの非同一楽曲による紅白歌合戦での歌唱記録を更新しました。今年もその年の新曲が選ばれるものと考えられます。配信から『再生』も出していますが、11月末であることを踏まえて浸透度で『ナナナナナイロ』と予想しました。

🎙TWICE(トゥワイス)🎙
紅白歌合戦には2017・2018年に続いて3年連続での出場です。韓国出身5名・日本出身3名・台湾出身1名からなる多国籍の女性アイドルグループで、若者を中心に人気を集めています。紅白歌合戦に初出場した2017年第67回では『TT』・2018年の第68回ではメドレーを披露しました。今年もメドレー形式の可能性が考えられますので、「『HAPPY HAPPY』を含むメドレー」と予想しています。

🎙いきものがかり🎙
紅白には2年連続11回目の出場です。活動休止期間以外は初出場依頼出場を続けており、幅広い世代から人気があります。今年の紅白歌合戦での曲目は『アイデンティティ』を予想しましたが、2015年以降の紅白では過去の曲を歌っているため、今年も過去のヒット曲から選ばれる可能性も十分に考えられます。

🎙MISIA(ミーシャ)🎙
紅白には2年連続4回目の出場です。前回2018年の紅白歌合戦では初めてNHKホールで『アイノカタチ』『つつみ込むように…』歌唱しました。今年はシングルの発表がありませんので、過去のヒット曲から選ばれるのでしょう。これまで歌唱したことのない曲を中心にメドレーも考えられますので、「『逢いたくていま』を含むメドレー」と予想しました。

🎙aiko(あいこ)🎙
紅白には2年連続14回目の出場です。前回2018年の紅白歌合戦では『カブトムシ』を歌いました。新曲・過去のヒット曲のどちらも考えられますが、過去のヒット曲の中でまだ紅白歌合戦では歌っていない『花火』を予想にしました。

🎙島津亜矢(しまづあや)🎙
紅白には5年連続6回目の出場です。名曲のカバーが多いため、予想はかなり困難でしょう。その中でも思いついた『糸』を紅白歌合戦で歌う曲目の予想にしました。

🎙松田聖子(まつだせいこ)🎙
紅白には2年連続4回目の出場です。その年に出した曲と過去のヒット曲のいずれからも選ばれています。人気曲の中でも『SWEET MEMORIES』は紅白歌合戦では20年間歌われていないので、そろそろ選ばれる可能性もあると考えています。


●白組

🎙純烈 (じゅんれつ)🎙
2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続2回目の出場です。様々な楽曲を出していますが、その中でも人気が高いと考えられる10枚目のシングル『純烈のハッピーバースデー』を歌唱すると予想しました。

🎙King & Prince(キングアンドプリンス)🎙
6人組のアイドルグループです。キンプリの愛称があり、紅白には2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続2回目の出場です。昨年はデビュー曲を歌唱しましたが、今年もその年の発表曲だと考えらます。『君を待ってる』『koi-wazurai』の2曲がありますが、売り上げの推移が高い『koi-wazurai』の方を予想として選んでいます。

🎙DA PUMP(ダパンプ)🎙
2018年の第69回NHK紅白歌合戦に続いて2年連続7回目の出場を果たした、ダンス&ボーカルグループです。振付のいいねダンスなどが人気を集めた『U.S.A.』以降、シングルを積極的に発売あるいは配信しています。その中でも、バイーンダンスなどが人気を集めた『P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜』を歌唱曲として予想しました。

🎙Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)🎙
ヒゲダンの相性で知られる、4人組のピアノPOPバンドです。2018年のメジャーデビュー以降、若者を中心に支持を獲得し、2019年のNHK紅白歌合戦への初出場を果たしました。紅白で歌唱する曲目は、今年2019年5月の2枚目のシングル『Pretender』か2019年8月発売の3枚目のシングル『宿命』のどちらかだと考えられます。迷いましたが、ランキングで連続記録を出していて浸透度が高いと思われる『Pretender』を選びました。

🎙菅田将暉(すだまさき)🎙
大阪府出身で、俳優として映画・ドラマ・CMなどで活躍しています。歌手としては2017年にデビューし、2019年のNHK紅白歌合戦への初出場を果たしました。2019年5月に発売された配信シングルの『まちがいさがし』・2018年1月にリリースした3枚目のシングルである『さよならエレジー』は共に今年のカラオケ人気曲トップ10に入っています。紅白での曲目はこのどちらかだと考えられますが、曲名をより多く聞いた点で『まちがいさがし』と予想しました。

🎙GENELATIONS from EXILE TRIBE(ジェネレーションズ)🎙
2012年11月にメジャーデビューした7人組のダンス&ボーカルグループです。これまで発売されたシングル20枚はいずれも最高順位でトップ10を記録し、『ALL FOR YOU』『涙』では1位も獲得しました。2019年のNHK紅白歌合戦での曲目はなかなか難しいところですが、今年発表している『Brand New Story』にしています。

🎙星野源 (ほしのげん)🎙
紅白歌合戦には2015年の第66回以降5年連続5回目の出場です。これまでの4年間はその年に出した曲を歌っていますので、今年配信された『Same Thing』にしています。10月リリースである点は気になりますが、最高位で1位も獲得しているので問題ないでしょう。あるいは『POP VIRUS』といったところでしょうか。

🎙嵐(あらし)🎙
紅白歌合戦には11年連続11回目の出場となる男性アイドルグループで、メンバーの櫻井翔さんは白組の司会に選ばれています。おそらくタイトルは『嵐×紅白スペシャルメドレー』のメドレー形式ですが、その中での曲目の予想は難しいところです。その年に発表した楽曲・過去のヒット曲のどちらもが考えられますが、その中でも『BRAVE』は含まれているだろうと考えて「BRAVEを含むメドレー」という予想にしました。

🎙Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)🎙
キスマイの愛称で知られる、ジャニーズ事務所に所属する7人組のアイドルグループです。グループ名は、メンバーの苗字の頭文字を組み合わせてつけられています。デビュー9年目の初出場であり、これまでのシングルはいずれも1位を獲得している点から、メドレーも十分に考えられるでしょう。そこで特に人気の高い「『Everybody Go』を含むメドレー」と予想しています。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の曲目予想に関して

表は、その楽曲になる可能性が高いと思う順に並べています。
目安としては、A:ほぼその曲目になるだろう・B:迷うが、その曲目の可能性が高い・C:どの曲なのかが読めない、と思っていただけると幸いです。曲目が発表され次第更新する予定ですが、メドレーがある関係で正確な的中率は当日までわかりません。単独の曲で的中…1ポイント・メドレーで可能性がある…0.5ポイント・1曲をメドレーに、メドレーを1曲だけと予想していた…0.5ポイント・完全に外れ…0ポイントで計算する予定です。

紅組:%(/19)
A:%(/5)
B:%(/7)
C:%(/7)

白組:%(/21)
A:%(/5)
B:%(/9)
C:%(/7)



◎まとめ
今回は、2019年末の第70回NHK紅白歌合戦の出場歌手発表後に出た情報を中心に、紅白で歌う曲目の予想などもご紹介しました。ユーミンの紅白特別企画・米津玄師×嵐のコラボレーションなど、番組を盛り上げる企画が次々に出てきています。2019年を彩った歌手のみなさんは、どの曲を歌唱するのでしょうか。紅白での歌唱曲目や曲順などが決まりましたら更新していきますので、参考にしていただけますと幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です