スポンサーリンク

第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の曲順は?ユーミン・米津玄師×嵐・竹内まりや・美空ひばり×AI・ディズニーなど紅白内の特別企画も含めた歌う順番をご紹介

年末まであと1週間ほどの時期、年越しの準備に力を入れている方も多いと思います。そんな年越しの風物詩と言える番組、第70回NHK紅白歌合戦(2019)の曲順が発表されました。常に見続けられるわけではないからこそ、注目している歌手の歌う順番はどうなのかはしっかりと把握しておきたいですよね。今回は、ユーミン・米津玄師×嵐・竹内まりや・ビートたけし・ディズニーなど紅白内の特別企画も含めた、第70回NHK紅白歌合戦(2019)での出場歌手の出演順をご紹介します。



◎第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の歌う順番は?ユーミン・米津玄師などの紅白特別企画についても

発表された、第70回NHK紅白歌合戦(2019)の出場歌手の曲順はこちらです。例年通り19:15~23:45の放送で、前半が19:15~20:55・後半が21:00~23:45となっています。そして今回は、特別企画が非常に多いのも特徴と言えるでしょう。ここまで発表されているものを軽くご紹介していきます。


●米津玄師×嵐のスペシャルコラボレーションを紅白で

米津玄師さんは2018年の紅白歌合戦に『lemon』で出場し、今年の第70回NHK紅白歌合戦でも歌われる『パプリカ』の作詞作曲も手がけています。嵐はこれまで紅白歌合戦に通算11年連続で出場し、メンバーの櫻井翔さんは白組の司会を務めます。今回の紅白での米津玄師×嵐のスペシャルコラボレーションの曲目は『カイト』です。来年のNHKでの応援歌として用いる予定で、紅白の舞台がその初演となります。


●竹内まりやが紅白歌合戦に初出場、みなさんのエピソードとともに

2018年にデビュー40周年を迎えた竹内まりやさんが紅白歌合戦に初出場することが決まりました。様々な歌手に楽曲提供する傍らご自身も歌手として活躍されており、昭和・平成・令和の3つの時代でチャート1位を獲得しています。テレビ出演自体が非常に少ない方ですから、今回の紅白の舞台は非常に貴重な機会となることでしょう。紅白で披露する曲目は、『いのちの歌』です。2008年のNHK連続テレビ小説『だんだん』のⅩ挿入歌として起用され、歌詞にも注目が集まっています。今回の紅白では、事前に募集されていた『いのちの歌』にまつわるエピソードとともにお送りする予定です。


●ユーミンが今年も紅白に、ラグビーワールドカップの感動をもう一度

ユーミンこと松任谷由実さんが、今年も紅白に登場することが発表されました(出場とみなしているかは不明)。これまでNHK紅白歌合戦には3回出場し、『Smile again』『春よ、来い』『私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~(ひこうき雲とやさしさに包まれたならのメドレー)』を披露しています。今回の紅白での曲目は、ラグビーを見ていて着想を得たという35年前の楽曲『ノーサイド』です。ワールドカップの振り返り内で用いられて注目が集まりました。W杯で活躍した選手も駆けつける予定で、今年の熱狂がもう一度味わえます。


●美空ひばりがAIによって紅白で復活?新曲『あれから』

美空ひばりというと昭和の歌姫の印象が強い方も多いかもしれません。NHK紅白歌合戦には1960年代を中心に17回出場し、トリ(最後に歌うことで、紅白を含めて最後の場合には大トリと呼ばれる)の回数は史上最多の13回タイです。第30回NHK紅白歌合戦の特別出演が最後の紅白となりましたが、第40回には映像で登場し、その後も『愛燦燦 』『川の流れのように』などの多くの楽曲が他の歌手によって紅白の舞台で歌い継がれています。そして、今回の第70回NHK紅白歌合戦(2019)の特別企画と発表されたのが、AIとのコラボレーションです。簡単に説明すると、美空ひばりのこれまでの歌声をAIに記憶させ、その音を組み替えて新しい曲を作っています。『あれから』で、その制作過程がNHKで放送されて話題を呼び、紅白の舞台でもこの曲目披露されることが決まりました。


●今年も開催、紅白恒例のディズニー企画

NHK紅白歌合戦の特別企画としてよく行われているのが、ディズニーとのコラボ企画です。最初は第49回(1998)の紅白、西田ひかるさんの『ザッツ・ディズニー・ファンタジー』で、『星に願いを』『ミッキーマウス・マーチ』『ハイホー』『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』『イッツ・ア・スモール・ワールド』をディズニーの仲間たちとともにメドレーで披露しました。その後も、第51回(2000年)・第62回(2011年)・第63回(2012年)・第66回(2015年)などの紅白の舞台でディズニーと紅白歌手との企画が行われています。今回の第70回NHK紅白歌合戦(2019)のディズニー特別企画では、中元みずきさんが『イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに』・ダイアモンド☆ユカイさんが『君はともだち』・中村倫也さんと木下晴香さんが『ホール・ニュー・ワールド』を披露します。


●YOSHIKI×KISS、紅白特別企画で共演へ

YOSHIKIさんは、ヴィジュアル系ロックバンド『X JAPAN』のドラム・キーボード担当で、NHK紅白歌合戦の舞台では歌手全員の特別企画でピアノ演奏をされたこともあります。また、2018年の紅白にはソロで出場経験があり、HYDEさんとのコラボレーションで『Red Swan』を、サラ・ブライトマンさんとのコラボレーションで『Miracle』を披露しました。一方で、KISS(キッス)はアメリカ出身のロックバンドで、メンバーを入れ替えながら4人で活動を続けています。白塗りの化粧と奇抜な衣装のイメージが強い方も多いでしょう。今回のワールドツアーをもって活動休止を発表しており、日本でのパフォーマンスは紅白歌合戦の舞台が最後となります。


●ビートたけしが紅白歌合戦に歌手として初登場

ビートたけしさんは今年の大河ドラマ「いだてん」の高座の場面でおなじみの方も多いと思います。紅白には2000年・2001年に氷川きよしさんの応援ゲストとして出演しました。今回は、歌手として紅白に初出場し、曲目は下積み時代の思い出を歌った『浅草キッド』です。


●ジャニーズJr.のSixTONES・Snow Manが紅白でパフォーマンス

今年7月に亡くなったジャニー喜多川さんは、ジャニーズ事務所で数多くのアーティストを世に送り出し、エンターテイメント界に大きな功績を残しました。平成の紅白だけを見ても、SMAP(1991年第41回紅白歌合戦より通算)・TOKIO(1994年第45回紅白歌合戦より通算)・NYC(2009年第60回紅白歌合戦より通算4回)・嵐(2009年第60回紅白歌合戦より通算11回)・関ジャニ∞(2012年第41回紅白歌合戦より通算8回)・Sexy Zone
(2013年第64回紅白歌合戦より通算6回)・V6(2014年第65回紅白歌合戦より通算3回)・KinnKiKids(2016年第67回紅白歌合戦と特別企画で1999年の第50回にも)・Hey! Say! JUMP(2017年第68回紅白歌合戦より通算3回)・King & Prince(2018年第69回紅白歌合戦より通算2回)・Kis-My-Ft2(2019年第70回NHK紅白歌合戦に初出場)と11組が紅白に出場しています。今回は、追悼特別企画として、ジャニーズJr.のSixTONES・Snow Manが『Let’s Go to Tokyo』披露します。



◎まとめ

今回は、第70回NHK紅白歌合戦(2019)での出場歌手の曲順をご紹介しました。紅白内での具体的な時間は読めないところですが、直前の出演順歌手3組ほども覚えておいて、見逃さないようにしましょう。今回は、ユーミン・米津玄師×嵐・竹内まりや・ビートたけし・ディズニーなど紅白内の特別企画も多く存在するのが特徴です。2019年のみならず、平成を振り返る豪華な紅白のステージに期待しましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました