スポンサーリンク

福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄県の新規感染者数推移【九州地方】


新型コロナウイルス感染症(covid-19)の勢いが最近どのように変化しつつあるのかが気になるかもしれません。以前の記事でも首都圏に加えて九州地方で拡大が見られると記載しましたが、どのように推移しているのかも把握しておきたいですよね、今回は、福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄県での新規感染者数推移についてご紹介します。



◎佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄/福岡 感染者推移を3月以降のグラフで


九州地方で注目したいのが、各県が連動するように数字が増加していることです。首都圏などでは大都市部で感染者が出てからしばらくした後に周辺地域の感染者数が増加する事例が見受けられます。九州地方でも同じ傾向があり、特に相互的に広がっているのが特徴です。それぞれの県で、3月以降の推移と照らし合わせて詳しくみていきましょう。



●佐賀県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


佐賀県内で初めて感染者が発生したのは3月13日のことです。推移が他の地域と比べると少し後ろにずれているのが特徴で、4月で最も多かったのは4月23日の9人せ、5月上旬まで断続的に感染確認がありました。その後2か月程は0人が続いていたものの、7月20日に再び感染者が出てからは7月27日を除いて1人以上増え続けています。特に8月に入ってからは8月5日・8月6日・8月12日・8月15日と10人を超えており、他と比べて遅れて影響が出ることを踏まえると今後しばらくは増加または横ばいが続くでしょう。



●長崎県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


長崎県内では3月14日に初めて感染者が出ましたが、4月中は最大でも3人・累計17人でした。4月18日の比較的早い時期に0人になり、それから2か月半ほどは0人で推移していましたが、7月3日に感染者が出て以降はほぼ毎日出ている状況です。特に、7月31日には18人・8月1日には23人で一気に40人以上増えており、今後も急激な増加を警戒した方が良いかもしれません。なお、長崎県は確認日の記録を翌日の発表としていることが多いですが、こちらの記事では確認日の記録でつけているため、最新日の人数が空欄になっています。



●大分県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


大分県では、集団感染の報告こそあるものの、特定の日に一気に増加することのない推移が続いています。3月3日の初感染者の確認以降、3月中旬の早い時期から増えており、集団感染もあって最大は3月22日に記録しています。4月中旬まで断続的に数人ずつ増えていき、他県と同様に2か月半ほど0人を維持した後に、7月下旬以降に再び増え始めました。数人のペースではあるものの、他県のような爆発的な感染もなく、比較的に影響を受けていないと考えられます。



●熊本県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


九州地方では早い時期である2月22日に感染者が確認されて以降、5月上旬まで断続的に増えていきました。5月9日以降ほぼ2か月間新規感染者が出ていませんでしたが、7月下旬からは逆に0人の日がなく、7月27日には44人・7月28日に25人・8月4日に37人・8月5日に42人と急拡大しました。0人がない状態と大人数での増加は市中感染が起こっていると考えられます。特に、7月4日の記録的なには県南部を流れる球磨川が氾濫して、大雨特別警報が発令されました。熊本県内ではこのときに約20万人に避難指示が出ており、土砂崩れなどによって避難生活を余儀なくされる状況が続いています。限られた空間で仕切りもない状況ですから、感染者がいた場合には一気に広がる恐れがあるでしょう。感染症対策を講じながらの避難生活が続きます。

キャリアスタート



●宮崎県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


宮崎県は、7月以降で特に感染者の増加が目立っている県の一つです。3月4日の初感染者が確認された以降も目立った増加はなく、4月中は上旬のみの累計17人にとどまっていました。約2か月半ほど感染者が出ていませんでしたが、7月22日以降は急拡大が目立っています。2週間以上連続で複数人が新規感染者として出ており、特に7月25日には26人を記録、8月上旬にかけて8日連続で10人以上を記録していました。8月中旬にかけて収まりつつあるものの、0人の日は一度もない点で、市中感染も警戒していく必要があります。なお、宮崎県は確認日の記録を翌日の発表としていることが多いため、こちらでは最新日の記録が空欄です。

にんにく卵黄売上日本一の実感力。「元気が目覚める」ベストセラー商品



●鹿児島県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


鹿児島県はこれまで新型コロナウイルス感染症への感染者が比較的に少ない県の一つでした。4月末までの時点で合計10人で、5月中は1人も出ていなかったのです。6月12日の1人以来久々に新たな感染者が確認された7月上旬に感染拡大が見受けられ、7月中旬に入ると10人未満にとどまっており、一旦は収まりを見せつつあります。しかし、全国的に感染者が拡大してきている状況で、数人ずつは断続的に発生しており、引き続き警戒を続けていく必要があるでしょう。

■■■─────────────────────────────■■■ 沖縄・九州・北海道で格安レンタカーをお探しならスカイレンタカー スカイだけのお得なサービスが満載です!! 詳しくはコチラ↓↓↓
スカイレンタカー【公式】沖縄/九州/本州/北海道地区
全国の格安レンタカーをお探しならスカイレンタカーの公式サイトがお得|沖縄・那覇空港・那覇・石垣島・宮古島に5店舗/九州13店舗/関東7店舗/四国5店舗/中国2店舗/関西9店舗/北陸7店舗/岩手2店舗/青森5店舗/北海道1店舗と全国展開中!! 格安レンタカープラン・特典付きキャンペーン実施中!
■■■─────────────────────────────■■■



●沖縄県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


九州地方とは直接つながってはいない沖縄県でも、新規感染者の増加が目立ちます。3月中旬まで3人にとどまっていた感染者が急激に増えてのが3月下旬から4月下旬にかけてです。しかし、このころはまだ1日あたりでは10人未満にとどまっていました。2か月程の0人を経て、7月下旬から急激に増加しており、7月27日以降は20日連続で10人以上、18日連続で30人以上を記録しています。国内旅行では人気のスポットですが、対策を万全に講じることが求められるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★格安国内旅行をお探しの方必見★ ・超お得なツアーを多数掲載中!                  ・沖縄・北海道への格安ツアーはおまかせください! ・いつでも、どこでも!24時間ご予約受付中! JALで行く、格安国内旅行ならニーズツアー!
沖縄旅行・北海道旅行のことなら国内格安旅行・格安ツアーのニーズツアー
格安旅行の国内の格安ツアー!沖縄や北海道への格安の旅行ならニーズツアーにお任せ!随時5000コースを越える沖縄&北海道の豪華ホテル宿泊プランや国内ツアーも在庫豊富!24時間オンライン予約可能な国内格安ツアー専門店では、JAL・ジェットスター ジャパンをフライトを利用したお得なツアーが満載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



●福岡県内の新型コロナウイルスへの感染者数の推移


福岡県内に関してはこちらの記事で詳しく触れております。



◎まとめ


今回は、福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄県での新規感染者数推移についてご紹介しました。縦に流してみるとわかりやすいですが、最初の拡大が見受けられた4月よりも7月以降の方が圧倒的に多いことがうかがえます。特に九州地方は全体で蔓延しており、県ごとの移動も多少なりとも影響しているようです。引き続き、個々人でできる感染症対策を講じながら過ごしましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。


次回⤵

コメント

タイトルとURLをコピーしました