春の甲子園と呼ばれる選抜高等学校野球大会2020の出場校が発表されました。どの学校が甲子園に出場するのかが気になるかもしれません。春のセンバツ甲子園に出場する学校の一覧と、その選出の仕組みについてについてご紹介します。



◎春のセンバツ甲子園に出場する学校は?第92回選抜高校野球2020のチーム一覧



春の甲子園である第92回選抜高校野球2020には、32チームが出場します。発表された学校は以下の通りです。

地区学校名出場回数
北海道白樺学園春は初出場
東北仙台育英(宮城)3年ぶり13回目
東北鶴岡東(山形)41年ぶり2回目
関東健大高崎(群馬)3年ぶり4回目
関東山梨学院2年連続4回目
関東東海大相模(神奈川)2年ぶり11回目
関東桐生第一(群馬)4年ぶり6回目
東京国士館2年連続10回目
関東・東京花咲徳栄(埼玉)4年ぶり5回目
北信越星稜(石川)3年連続14回目
北信越日本航空石川2年ぶり2回目
東海中京大中京(愛知)10年ぶり31回目
東海県岐阜商5年ぶり29回目
東海加藤学園(静岡)春夏通じて初出場
近畿天理(奈良)5年ぶり24回目
近畿大阪桐蔭2年ぶり11回目
近畿智辯学園(奈良)2年ぶり13回目
近畿履正社(大阪)2年連続9回目
近畿明石商(兵庫)2年連続3回目
近畿智辯和歌山3年連続14回目
中国倉敷商業(岡山)8年ぶり4回目
中国鳥取城北8年ぶり2回目
四国明徳義塾(高知)2年ぶり19回目
四国尽誠学園(香川)18年ぶり7回目
中国・四国広島新庄6年ぶり2回目
九州明豊(大分)2年連続4回目
九州大分商業(大分)23年ぶり6回目
九州創成館(長崎)2年ぶり4回目
九州鹿児島城西春夏通じて初出場
21世紀枠磐城(福島)46年ぶり3回目
21世紀枠平田(島根)春夏通じて初出場
21世紀枠帯広農業(北海道)春は初出場




初出場を果たしたのは、白樺学園・帯広農・加藤学園・平田・鹿児島城西です。特に、

加藤学園・平田・鹿児島城西は春夏通して初めての甲子園


となりました。また、連続出場は7校で最大でも3年連続であることから、この大会に出続けるのがいかに難しいかが改めてうかがえます。



◎春のセンバツ甲子園の出場校はどのように選考されているのか?



春の甲子園である選抜高校野球大会は、

予選が設けられていない


のが特徴です。夏の甲子園は、地方大会が行われてその優勝校が代表として出場します。しかし、春の甲子園である選抜高校野球大会は、選考委員会によってどの学校が出場にふさわしいかが判断されるのです。


そのため、地区ごとの数は設けられているものの、都道府県ごとの縛りは少ないと言えます。過去には、同じ都道府県から4校出場したこともありました。一方で、1校も選ばれない場合も十分に考えられます。春の選抜高校野球の出場校は、一般選考・明治神宮大会枠・21世紀枠の三種類から選出されます。それぞれについてご紹介しましょう。


●地域別の一般選考:28(記念大会は除く)


春の選抜高校野球は、前年の秋に開催される野球の大会での成績を基にして選ばれます。秋の大会は、都道府県ごとにトーナメント式で開催されます。そこでの上位2.3校が地区ごとの大会に出場するのです。地区と出場校数は以下のように分けられています。


北海道:北海道のみ、1校
東北:青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島、2校
関東:群馬・栃木・茨城・埼玉・神奈川・千葉・山梨、4校+A
東京:東京のみ、1校+A
北信越:新潟・富山・石川・福井・長野:2校
東海:静岡・岐阜・愛知・三重:2校
近畿:滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山:6校
中国:鳥取・島根・岡山・広島・山口:2校+B
四国:香川・徳島・愛媛・高知:2校+B
九州:福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄:4校


ただし、関東と東京のいずれかから(A)、中国と四国のいずれかから(B)、さらにもう一校が選ばれます。直接対決がないため比較は難しいところですが、負けた試合でのパフォーマンスも重要になってきます。


春の選抜高校野球は成績を基にして選ばれると記載しましたが、

上位の学校がそのまま選ばれるとは限りません。


たとえば、準優勝はしたけれども、決勝で大敗したチームを差し置いて、優勝チームに善戦したベスト4のチームが選ばれることもあるのです。成績が直結するとは限らない点がセンバツの面白さとも言えるでしょう。


●明治神宮野球大会枠:1


秋の地区大会で優勝を果たした学校は、毎年11月に明治神宮野球上で開催される大会に出場します。高校の部と大学の部がある明治神宮野球大会ですが、ここでの優勝校が所属している地区には、春のセンバツ甲子園で本来の数よりも一つ多い出場枠が与えられるのです。2019年の明治神宮野球大会では、中京大中京高校が優勝しました。それに伴い、第92回選抜高校野球2020では、東海地区の出場校数が2⇒3に変化しています。


●21世紀枠:3


2001年の第73回選抜高校野球大会から設けられた枠で、毎年3校を選出しています。主に、その学校ならではの地域的なハンデを克服したところや、学業面や他の活動での評価が高かった学校が選ばれます。一般選考から選ばれるのは難しいものの、それに近い成績を残し、甲子園でも十分に活躍に値すると判断された学校が選抜されるのです。過去に候補に出た学校は、いわゆる進学校と呼ばれる大学入試での成果を出しているところや、人口減少の中でも活動に取り組んでいる学校が多い印象を受けました。


選考方法は、まず都道府県ごとに推薦校を決め、その後上記で記した地区ごとに1校ずつを選びます。ここで出てきた9校の中から選抜高校野球大会に出場する学校が決まるのです。例年、東(北海道・東北・関東・東京・北信越・東海)から1校、西(近畿・中国・四国・九州)から1校を選び、残った7校から1校を選ぶ選出が行われていると考えられます。


◎まとめ


今回は、春の甲子園である第92回選抜高校野球2020に出場する32校と、その選出方法についてご紹介しました。春のセンバツは、地区大会の成績を兼ねて選出されるのが特徴で、明治神宮大会枠や21世紀枠などのユニークな選ばれ方もあります。春の訪れを告げる甲子園、選抜高校野球2020に出場するチームの全力のプレーに声援を送りましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です