こんにちは、Curlpingです。


暑い日々が続きますね。夏休みに入って、観光地を巡ろうかとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。言うまでもなく京都は世界有数の観光地ですが、夏の暑さに悩みながら回るのも大変ですよね。


そこでおすすめしたいのが、夜の時間帯に開催される「京の七夕」です。私自身はある施設に用事があって、その帰りに偶々見つけたのがこのイベントとの出逢いとなりました。夏を彩る美しさに心惹かれたものです。

今回は、この「京の七夕」がどのようなものなのかということと、その開催場所や日程についてご紹介します。




◎「京の七夕」とは?
通常七夕と言いますと、7月7日のことを指しますよね。しかし、「京の七夕」は8月に開催されます。これは旧暦の七夕の時期に合わせて、棚機(たなばた)というお盆の行事と融合しているところが起源のためです。


棚機(たなばた)は機を霊に捧げるものですが、そこに乞巧奠(きっこうてん)という願いごとをする催しが中国から伝わり、七夕(しちゆう)の時期に合わせて行われていたことから、七夕(たなばた)と呼ばれるようになりました。


「京の七夕」は、この由来を継承しつつも、伝統産業や和装の振興なども目的としているそうです。期間中は河川・商店街・神社・寺院などといった様々な場所で、七夕飾りや夜間拝観として京都を感じられる関連イベントが行われています。こうして駅などにも七夕飾りがされているのですよ。



◎鴨川の河川敷が美しく、実際に行ってみました
こちらは今年、私が実際に行ったときの写真です。普段鴨川は夜になると落ち着いた雰囲気になるのですが、京の七夕の時期はこのように明るい感じになります




◎まだ間に合う、おすすめの場所や開催日時について
鴨川の河川敷での開催は8月上旬でしたが、これからという場所もありますので、諦める必要はありません。ここからは、今からでも間に合う「京の七夕」のおすすめスポットをご紹介します。


●堀川エリア~かがり火のみち~
堀川通の東側に沿うようにして、堀川が流れています。こちらは最近になってから水流を復活させる工事が行われました。というのも、平安京造設時に開削され、運河や友禅染としても利用されていましたが、浸水被害が多発していたのです。

そこで水源が断たれていたのですが、住民などの要望もあって、新たな形として川づくりがなされました。歴史性を残しつつも自然とも調和するように整備されたこの堀川が、七夕の飾りによって彩られます。


日程:2019年8月10日~12日、18:00~21:00
場所:堀川遊歩道(入り口が二条城の付近となり、北向きへの一方通行です)
https://www.google.co.jp/maps/place/京の七夕+堀川エリア/@35.014418,135.7520328,17z/data=!4m13!1m7!3m6!1s0x600107d603923ebb:0xdbae294cbd4841db!2z44CSNjAyLTgxNDIg5Lqs6YO95bqc5Lqs6YO95biC5LiK5Lqs5Yy65LiL5aCA5bed55S6IOS4uOWkqueUuumAmuOCiiAmIOWggOW3nemAmuOCig!3b1!8m2!3d35.0173572!4d135.751845!3m4!1s0x6001062ab1f6d3b9:0x5dd0cae220d1196e!8m2!3d35.0123014!4d135.7519647?authuser=0
アクセス:
🌟京都市営地下鉄で『二条城前』駅北側
🌟京都市バス9・12・50・67・101・111系統『二条城前』停留所すぐ
🌟京都市バス10・93・202・204系統『堀川丸太町』停留所から南へ徒歩10分


こちらは以前私が行った時に撮影したものです。



なお、今年から大幅に規模が縮小され、内容と期間が変わっていますので、注意が必要です。入場制限もあった例年(上の写真)と比べて来客数が2割ほどに落ち着いています。そのため、ゆっくりとみることができるかもしれません。


場所:堀川遊歩道(下立売通~一条戻橋、両方から通行できるようになっています、Googleの地図の場所では開催されていませんのでご注意を)
https://www.google.co.jp/maps/search/一条戻橋/@35.0239784,135.7515344,17z

アクセス:
🌟京都市営地下鉄で『二条城前』駅北側徒歩20分
🌟京都市バス9・12・50・67系統『堀川下立売』停留所すぐ
🌟京都市バス10・93・101・111・202・204系統『堀川丸太町』停留所から北へ徒歩10分



●二条城
堀川エリアの入り口に近い場所にある、二条城でも七夕の催しが行われています。特別名勝「二之丸庭園」のライトアップがされており、こちらは8月15日まで開催です。堀川の七夕と同じタイミングで訪れてみるのもおすすめします。

日程:2019年8月01日~15日、19:00~21:30
場所:二条城
https://www.google.co.jp/maps/@35.014418,135.7520328,17z?authuser=0
アクセス:
🌟京都市営地下鉄で『二条城前』駅北側
🌟京都市バス9・12・50・67・101・111系統『二条城前』停留所すぐ
🌟京都市バス10・93・202・204系統『堀川丸太町』停留所から南へ徒歩7分



●梅小路エリア
京都駅から比較的に近い梅小路、京都水族館や鉄道博物館も近年オープンし、人気が高まってきています。その梅小路公園でも、七夕飾りや行灯によるライトアップを楽しむことができるのです。

親子向け体験イベントも開催されるようですので、お子様を連れて京都水族館や鉄道博物館にお出かけになった際に、夜の催しも楽しまれても良いかもしれませんね。ちなみに、この南側には東寺などもあります。


日程:2019年8月02日~12日
場所:梅小路公園
https://www.google.co.jp/maps/place/梅小路公園/@34.9870454,135.7421817,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6001061bce8ed99b:0x32ad976c113178b6!8m2!3d34.987041!4d135.744365?authuser=0
アクセス:
🌟JR嵯峨野線『梅小路京都西』駅の南側
🌟京都市バス58・86・88・104・110系統『梅小路公園・京都鉄道博物館前』



●宮津エリア~天橋立文珠地区ライトアップ~
天橋立が有名な宮津市でも、七夕の催しが開催されています。こちらでは、天橋立の砂浜がライトアップされていて、普段とは違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。舞鶴や京都の日本海側にお出かけされる際には、宮津市のイベントに立ち寄られてみるのもおすすめいたします。


日程:2019年8月01日~31日
場所:宮津市周辺



◎まとめ
今回は、京都の夏を彩る催しである、「京の七夕」についてご紹介しました。京都のあらゆる場所で8月に開催されているイベントです。期間中は様々な場所で飾りが施され、京都を感じられる取り組みが行われています。

夏に京都観光をされる際には、涼しくなる夜の時間帯に「京の七夕」の催しを回ってみるのもおすすめです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です