プロジェクトチームなどのマネージャーに選ばれて、マネジメントの経験の際には、どう部下との信頼関係を築くかにお悩みかもしれません。気持ちを高めさせてプロジェクトなどのチームをマネジメントするのは非常に難しく、当方自身もインターンでのマネジメントでその大変さを感じました。しかしながら、工夫次第で成功する確率は大幅に上げられるのです。


今回は、プロジェクトマネージャーとして職場で部下との信頼関係を築く、チームマネジメントでのポイントをインターンの経験からご紹介します。


◎いきなり仕事や、やるべきことの話を避けるべき理由は?プロジェクトマネジメントの注意点


みなさんはマネージャーや上司として相手に接するとき、まずどんな話をしますか?「もちろん仕事のことだろう」と思った方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、いきなり仕事の話をしてもうまくいく可能性は低いのです。なぜなら、

相手の方との信頼関係を築く段階を経ていない


からです。仮に、見ず知らずの営業マンが家にやってきて(あるいは電話がかかってきて・声を掛けられて)、開口一番「弊社の商品を買いませんか?」と言われるとどう感じますか?おそらく驚きますし、不信感も抱きますよね。少なくとも、その方の言ったとおりに商品を買おう、とはならないはずです。それに対して、気の知れた営業担当者やいつも親切にしてもらえて仲が良くなっている方が紹介した商品やサービスであれば、「買おうかな」と前向きになることもありますよね。


プロジェクトやチームのマネージャーにおいても同じことが言えます。いかに相手との関係を深めた上で、自分自身が求めているものを相手にとっても欲しいと思わせるかが重要なのです。最初から仕事の命令をされても受け入れがたいものですし、相手が従わないからといって言葉で圧をかけるのはもってのほかです。


◎職場で部下との信頼関係を築くには?プロジェクトマネージャーのポイント


職場などで部下との信頼関係をいかに築くかは、プロジェクトやチームをうまく進めるために大切な要素の一つですよね。ここからは、プロジェクトマネージャーのポイントをインターンなどの経験も踏まえてご紹介しましょう。


●仕事や本質からは外れた話をする


アイスブレイクという言葉を聞いたことがあるかもしれません。最初から話したい内容を取り上げるのではなく、関連性の薄い内容を取り入れて会話を盛り上げることで本題でも話しやすくなるようにする方法です。たとえば、「最近暑くなってきましたね…」と気候の話をしても良いですし、共通の趣味があることを知っているのであればその話をしても良いでしょう。ご自身もそうですが、相手の方も最初の段階は緊張しているものです。そこで、お互いの緊張をほぐし、話し合いの場を温めましょう。


●違う場所で出会う


これは上のものと似ていますが、会話をする場所を変える方法です。仕事の環境から離れることで、本題とは違った空気で臨めます。たとえば、プロジェクトマネージャーをインターンでしていたときには、近隣を散歩する・食事に出かけるなどしていました。雰囲気が全然違ってきますし、仮に本質的な話を盛り込んだとしても話しやすい状況できるものですよ。そして、話に深みが出てくると、徐々に信頼 関係を築く段階に来ている証拠です。


●相手に関心を持つ


信頼 関係を築くには、まずは相手を受け入れることです。何を言っても興味がなさそうな対応をされると、話す気力も失せてしまいますよね。そうなると会話ではなく一方的は発信になってしまい、信頼関係の構築は難しいでしょう。そこで、相手がどのような人なのか、どのようなことを考えるのか、などの人となりを積極的に掴みにいきましょう。相手も安心感を覚えますし、魅力にも気が付き自然と会話が弾んでいきます。


●正直に発信すること


誰かと話すとき、ついつい建前になることはありませんか?当然、個人情報や組織のことなど、外部に出ると損害が生じることは言えません。しかしながら、内面などを開示してくれないと得体が知れない感じがして、信頼 関係を築くのも難しいですよね。だからこそ、こちら側から自分自身の等身大で表現することが大切なのです。これには、相手が過度の期待をするのを避ける狙いもあります。期待値が高いとうまくいかなかったときの反動は大きいものです。落差があるほど信頼にも悪影響が生じてしまいますので、弱みも含めて相手に受け入れてもらうことが信頼 関係を築く第一歩になります。試しに、誰かと会話する際に、自分自身のことを包み隠さずに話してみましょう。もしすべてのことを話していなかったり、作り変えていたりすることがわかれば、それはあなたが成長できるポイントです。


◎まとめ


今回は、プロジェクトマネージャーとして職場で部下との信頼関係を築く、チームマネジメントでのポイントをインターンの経験からご紹介します。プロジェクトマネージャーも、最初は相手を知ることから。お互いに信頼関係を築いてはじめて中身や交渉の準備が整うのです。自分自身が求めているものを一方的に提案するのではなく、両者にとってメリットがあることをうまく伝えるのを目的としています。時間と手間がかかることですが、しっかりと土台を固めていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です