スポンサーリンク

【3月25日版】PCR検査数と陽性の割合は?新型コロナウイルス最新情報、都道府県別感染者数とウイルスの生存期間をご紹介

新型コロナウイルス肺炎の感染者は日本国内でも増加し続けており、どの都道府県で出ているのかが気になるかもしれません。感染しているかを示す一つの指標であるPCR検査に関しても、どの程度行われているのかを把握しておきたいですよね。今回は、新型コロナウイルス肺炎の都道府県別の感染者数の最新情報および推移と、PCR検査人数や陽性の割合、感染経路の一つである接触感染についてご紹介します。


◎都道府県別、日本国内における新型コロナウイルスの感染者数【3月25日更新版】

コロナウイルスによる新型肺炎への感染者が出たのは、北海道…163・青森…2・秋田…2・宮城…1・福島…2・群馬…13(←11)・栃木…6(←4)・茨城…10(←9)・埼玉…61(←54)・東京…180(←163)・千葉…51・神奈川…83(←77)・山梨…4(←2)・新潟…28(←27)・石川…8・福井…1・長野…5(←4)・静岡…3・岐阜…11(←8)・愛知…148(←145)・三重…9・滋賀…5・京都…27(←25)・大阪…142(←134)・兵庫…118(←115)・奈良…9・和歌山…17・岡山…1・広島…3・山口…4・香川…1・徳島…1・愛媛…3・高知…12・福岡…9(←6)・佐賀…1・長崎…1・大分…23(←22)・熊本…7・宮崎…3・沖縄…4の合計1206人です((←)では前日時点での数を記載しています。空港での検疫については外し、不明の分があるため合計人数は一致しません。また、数え方によって多少数字に違いが出ている可能性もあります)。


これとは別に、東京都内で40人以上の感染者が新たに確認されており、1日の発表人数としては最も多い記録となります。


居住地別の分類では、北海道…161・青森…2・秋田…2・宮城…1・福島…2・群馬…13・栃木…5・茨城…9・埼玉…62・東京…174・千葉…39・神奈川…82・山梨…4・新潟…27・石川…7・福井…1・長野…5・静岡…3・岐阜…10・愛知…147・三重…10・滋賀…6・京都…26・大阪…145・兵庫…117・奈良…9・和歌山…18・岡山…2・広島…3・山口…4・香川…1・徳島…1・愛媛…3・高知…11・福岡…10・佐賀…1・長崎…1・大分…23・熊本…7・宮崎…3・沖縄…3・中国…18・その他の国々…6・不明…20です。



◎コロナウイルスのPCR検査でのデータ、検査数や陽性の割合はどう変化している?

こちらが、厚生労働省が発表している新型コロナウイルス肺炎のPCR検査でのデータを一部引用したものです。2月12日以降のチャーター機・国内別の、PCR検査人数とその中で陽性になった人数が記されています。なお、土日祝日は厚生労働省からの発表がないため省きました。また、3月19日にPCR検査実施人数が減少しているのは、千葉県が人数でなく件数でカウントしておりその分を引いたためとのことです。この数字を基に、単日での検査数・陽性の割合・無症状率を計算しています。


単日での検査数=隣り合わせの2日の差で計算
陽性の割合=陽性人数÷PCR検査実施人数
無症状率=無症状÷陽性人数


チャーター機は2月に飛んだもののみですから、増えているのは国内での感染者です。


この1週間で、一気に7000人ほどPCR検査数が増えました。


2月12日~3月13日の1か月間で11000人ほどでしたから、約2.6倍に検査数が増えたことになります。前週と比べても2倍以上になっており、PCR検査の態勢が整って徐々に加速してきていると考えられるでしょう。次に、


陽性の割合は5.6%台を推移しています。


検査数に伴って陽性の人数も増えており、検査をする方の中に一定数は感染者が存在することを意味します。そして、興味深いのが


無症状率も10%付近で安定


していることです。やはり症状がない方も少なからず存在することから、仮に元気そうな方であっても必要がなければ長時間面会しないなどの工夫が求められます。



◎新型コロナウイルスの疑問、生存期間はどのくらい?郵便物は触っても大丈夫か?


本日、大手ECサイトAmazonの物流倉庫である神奈川県小田原市の起点で働く従業員の方の感染が確認されました。消毒作業などを行って現在は再開しているとのことですが、最大規模の物流拠点を持つアマゾンでの感染者とあって、荷物の受け取りなどが不安になった方もいらっしゃるかもしれません。


新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)では、感染経路として飛沫(直接)感染・接触感染・エアロゾル感染


が言及されています(詳しいことについては以下の記事をご参照いただければ幸いです)。このうち接触感染は、コロナウイルスが付着している何かを触り、その手で目・鼻・口などに触れることでウイルスが侵入することを指します。その点では、「受け取った荷物の表面にウイルスが付いていたらどうしよう…」と思うかもしれません。新型コロナウイルスはまだまだ明らかではない点も多いですが、研究などによると、


金属・ガラス・プラスチックの上で最長9日間生きられるという発表もあります。


NIHの研究では、段ボールに付着したコロナウイルスのエアロゾル状態のものは最大24時間・プラスチックやステンレスの表面では2~3日間生存するとも言われています。郵便物に偶々ウイルスが付着して、それを触ることによって感染する可能性があるのです。そこで考えられることはアルコールなどを使って消毒することですが、需要過多で薬局などでもなかなか手に入らないかもしれません。やはり手洗いをこまめに徹底することがより大切だと考えらます。


仮に手にウイルスが付いたとしても、その手を清潔に保ち目・鼻・口などに触れなければコロナウイルスが侵入することは防げる


からです。手でものに触れる場面は、日々の生活を振り返ってみると多くあるでしょう。ドアを開ける・スマートフォンを触る・食事をする、そういった際になるべくこまめに消毒だけでなく手洗いでコロナウイルスを落とすことで、リスクを下げられます。


◎まとめ


今回は、新型コロナウイルス肺炎の都道府県別の感染者数の最新情報および推移と、PCR検査人数や陽性の割合、感染経路の一つである接触感染についてご紹介しました。感染者数は50人以上のペースで増え続けており、PCR検査の単日での数の増加がその一つの要因とも考えられます。無症状率が10%ほどで安定していることを踏まえると、健康そうな方がコロナウイルスに感染していることも否定できません。接触感染の対策である消毒や手洗いだけではなく、なるべく面会を避けるなど、対策を講じていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました