WordPress(ワードプレス)でブログの投稿を続けていると、徐々に見づらくなってきていると感じるかもしれません。関連性のある記事もまとめて見てもらえるように、整理しておきたいですよね。カスタムでできる投稿記事の分類方法にはカテゴリ-などがあります。今回は、Wordpress(ワードプレス)でのカテゴリーの追加などの設定と投稿記事の編集方法を、タクソノミーとの違いやスラッグとは何かの解説も含めてご紹介します。



◎Wordpress(ワードプレス)でのカテゴリー分類、タクソノミーとの違いとは?


WordPress(ワードプレス)では投稿した記事を分類することで読みやすくできる機能があります。代表的なものは、カテゴリーとタクソノミーでしょう。WordPress(ワードプレス)でカテゴリーの設定を行うことには、読者に対して読んでもらいやすくなり、Googleにも情報を認識されやすくする目的があります。


タクソノミーとは、カスタム分類のことで投稿した記事のカテゴリ機能を拡張することです。wordpress上の記事が増えてくるとカテゴリーの追加だけでは混乱してきますので、整理をするためにタクソノミーを使います。自由に分類できるカスタム性が魅力で、投稿した記事のカテゴリー分けがより明確にできるかもしれません。


しかし、プログラムを操作するのが大変ですから、無理して作る必要はないでしょう。Wordpress(ワードプレス)の中でもカテゴリー(kategori)が少ない状態であれば、まずは以下の追加方法を知って使いこなすことがおすすめです。



◎WordPressで知っておきたい、新規カテゴリーを追加・編集・削除する方法


●スラッグとは?wordpressでカテゴリーを新たに追加する方法


まずは、Wordpressのホーム画面(○の中にWのマークが描かれている部分)をクリックし、画びょうのような絵を選びます。一番上に「投稿」「投稿一覧」などと書かれていますが、その中の『カテゴリー』をクリックしましょう。1枚目の画像のように、四つの項目を埋めてwordpressの一番下にある『新規カテゴリーを追加』を押す作業を行います。


○名前

カテゴリーの名称です。分類する記事の大まかなグループ名を付けておくと、検索する側もアクセスしやすいでしょう。


○スラッグ

スラッグとは、IT用語で位置を示すコードなどの意味を持ち、Wordpress(ワードプレス)においては、URL(パーマリンク)の末尾に任意の文字列を指定できる機能です。これはURLの一部になり、半角英数字とハイフンを使って表示されます。


スラッグは半角英数字であれば何にしても問題はありませんが、せっかくならWordpress(ワードプレス)で追加しようとしているカテゴリーの名前に関連したものにしておくと検索のときに引っ掛かかりやすいかもしれません。



○親カテゴリー

大まかな部屋をさらに細かく分類するために使う機能です。Wordpress上で既に作られたカテゴリーの中から選ぶことができ、『なし』のままにしておいた場合には、新しく作るカテゴリーが一番目の階層に位置します。私の例では、「心身の健康」を「新型コロナウイルス感染症(COVID)関連情報」と「その他」に分類しており、「関連情報」の親カテゴリーが「心身の健康」という関係性です。


○概要

それぞれのカテゴリーにどのような情報の記事が入っているかを説明する場所です。直接関係はしないかもしれませんが、紹介のある方がよりアクセスしやすくなります。




●追加したカテゴリーを変更・削除する方法、記事に関する注意点も


カテゴリーを作る際には、間違えて作成してしまうこともあるかもしれません。その際に知っておくと便利な変更・削除の方法をご紹介しましょう。


○カテゴリーを削除する手順


特に必要がない場合には、削除の操作を行います。Wordpressのホーム画面⇒画びょうのような絵⇒『カテゴリー』の順番に進み、消したいカテゴリーの「名前」のあたりにカーソル(矢印)を動かすと「編集」「クイック編集」などと出てきますので、『削除』を選択しましょう。すると、2枚目の画像のように警告文が出てきます。削除したい場合には『OK』を選ぶことでカテゴリーの削除が完了です。間違って押した場合には『キャンセル』あるいは右上の×印をクリックしましょう。


なお、カテゴリーを削除しても、投稿した記事そのものが削除されるわけではありません。もし入れていた記事に親カテゴリーが存在しない場合には、デフォルトカテゴリーつまり元の状態である「未分類」が割り当てられます。



○カテゴリーを変更する手順


単に名前を間違えたのであれば、削除するよりは変更をした方が早く作業も進むかもしれません。同じように、Wordpressのホーム画面⇒画びょうのような絵⇒『カテゴリー』の順番に進み、変更したいカテゴリーの名前付近にカーソルを合わせると出てくる『編集』を選択します。すると、「カテゴリーの編集」というページに飛びますので、変更したい情報をクリックして修正し、最後に左下の『更新』を押しましょう。「カテゴリーを更新しました。」という文字が出てきますので、そのすぐ下にある『カテゴリーに戻る』を押すと元の画面に戻ります。ここまでの操作は3枚目の画像に載っているものです。




◎WordPressをカスタム、投稿記事をカテゴリーごとに分類を変更する方法


カテゴリーの作成が完了したところで、WordPressの投稿記事をカテゴリーに分類してみましょう。特に何もしない場合には、「未分類」に入っていますので、そこから作成したカテゴリーに移動する方法について三つご紹介します。


●『編集』画面を使う方法

カテゴリー変更のみならず、記事内容の更新も行いたい場合にはことらがおすすめです。Wordpressのホーム画面⇒「投稿」(画びょうのような絵)⇒『投稿一覧』をクリックし、変更したい記事のタイトル周辺にカーソル(矢印)を合わせると出てくる『編集』ボタンを押しましょう。右上にある『設定』ボタン(歯車のマーク⚙)を押すと、公開時刻やURLなどが出てきます。それを下へと移動して、「カテゴリー」の欄に来ると作成したカテゴリーが出てきますよね。


未分類のチェックを外し、希望のカテゴリーにチェックを入れ、画面右上にある『更新』ボタンを押すと完了です(ここまでの操作が4枚目の画像に載っています)。新しい記事を作成する際にカテゴリー分けをする場合にも、同じようにできるので、新規投稿をする場合にも行ってみましょう。


ちなみに、ここにも新規カテゴリーが作成できる機能はありますが、『名前』と『親カテゴリー』しか触れません。『スラッグ』『概要』は「カテゴリー」のページでの変更が必要で手間がかかりますから、上記でご紹介したように先にまとめて作成するのがおすすめです。また、複数のカテゴリーを選択できますので、どちらに入れようかなどと迷ったときには、両方ともにチェックを付けておくのが良いでしょう。



●『クイック編集』を使う方法

単にカテゴリー変更だけをする場合には、『クイック編集』を使う方法を知っておくとより早くできるかもしれません。『編集』の場合と同じように、Wordpressのホーム画面⇒「投稿」(画びょうのような絵)⇒『投稿一覧』をクリックし、変更したい記事のタイトル周辺にカーソル(矢印)を合わせると出てくる『クイック編集』ボタンを押しましょう。


すると今度はタイトル一覧の画面に被せるように編集画面が出てきます(画像参照)。ここの『カテゴリー』のうち、元のカテゴリーを外し、移動先を選択することで簡単に移動させられるのです。最後に右下の『更新』を押して該当記事のカテゴリーが変わっていることを確かめましょう。同じページ上で行える点もメリットと言えそうです。



●一括で編集作業を行う方法

多くの記事をまとめてカテゴリー分けをする場合には、手間がかかって大変ですよね。その場合には、一括で編集する方法もあります。まずは、Wordpressのホーム画面⇒「投稿」(画びょうのような絵)⇒『投稿一覧』をクリックし、変更したい記事の左側にある□にチェックを入れましょう。次に、上または下にスクロール(移動)して「一括操作と書かれている部分を見つけます。「一括操作」の右側にある『v』マークを押して選択肢から『編集』を選び、すぐ右にある『適用』を押しましょう。すると、6枚目の画像のように編集画面が出てきます。移動先として指定したい『カテゴリー』クリックし、欄右下の『更新』を押しましょう。

ただし、この一括編集には二つのデメリットがあります。一つ目は、一括ですから同じ変更作業しかできません。二つ目は、できるのは追加することのみで、元の所属カテゴリーからは消えないことです。つまり、変更したとしても『変更後のカテゴリー』と『未分類』の2か所以上に登録されています。『未分類』から移動させたい場合には、ここで『編集』または『クイック編集』の作業をされるのが良いでしょう。



◎まとめ


今回は、Wordpress(ワードプレス)でのカテゴリーの追加などの設定と投稿記事の編集方法を、タクソノミーとの違いやスラッグとは何かの解説も含めてご紹介しました。ブログを見た読者が似た記事を探しやすく、またGoogleが記事をリサーチしやすくする(SEO対策)のための機能です。新規追加・編集・削除を使いこなして、より見やすいサイトにしていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です