スポンサーリンク

就活体験記:解禁日前の大学3年生夏秋冬の過ごし方、持ち駒全滅(内定が取れない)での工夫


これまで就職活動に関して様々な記事を執筆してきましたが、実はちょうど1年ほど前に内定をもらったばかりなのです。少しばかりでも参考になればと思い、今回は当方が大学3年生から行っていた就活を体験記にしてご紹介します。



◎私が就活解禁日の1年以上前から始めた理由、大学生は過ごし方次第


就職活動を本格的に始めたのは、大学3年生の4月です。その理由は3つありました。一つ目は、本選考の前倒しが進んでいたことです。選考解禁が3月、面接開始が6月からとは言われていますが、現状では6月に過半数の学生は内定を得ています。罰則もないため、定員になり次第採用を終える企業もあり、チャンスを失わないためには、待ってはいられません。


二つ目は、大学4年生時に実験の講義が忙しく、平日はほぼ時間が確保できないことがわかっていたからです。学業との両立の難しさは就活の課題ですが、早く始めることで少しばかりは負担が軽減されます。


そして三つ目は、自分自身の方向性が全く定まっていなかったことです。食品という専門的な分野を学びながらも職に繋げようとは考えていなかった私は、様々な企業に触れて可能性を探ることから始めました。


就活にはスタートがありません。いつ始めても良いのです。また、意識はしていなくても、普段の大学生活そのものが就活に繋がることもあります。私の場合は、大学1年生から所属していたサークルも、大学2年生時に熱心に取り組んでいた長期インターンも、自分自身の価値観を知るきっかけとなり、また就活の選考で発信する話題にもなりました。どのような過ごし方をするかで就活の進め方も変わっていきますので、まだまだ先で実感がわかない場合でも、様々な挑戦をして考えたことをまとめていくのがおすすめです。

学生が起業を学ぶビジネススクール【WILLFU STARTUP ACADEMY】



◎大学3年生時に就活で何をしていたか、夏・秋・冬に分けてインターンなどへ


他の記事でも触れていますが、ある程度志望先が定まっているなら、特定の業界や会社のインターンシップに参加するのが良いでしょう。しかし、私の場合は何がしたいのかもわからない状態だったため、夏はとにかく様々な企業を見て回ることを心掛けました。就職エージェントから紹介された企業の説明会や選考会にエントリーし、通過すればインターンでじっくりと見極めていきます。仮にインターンまで行けなくても、説明会での社員または周りの学生の雰囲気から合う合わないはわかるものです。


8月までに接触したのは40社以上、うちインターンに参加したのは8社ありました。選考会では自分自身と向き合う機会にもなります。グループディスカッションや面接の選考で何が課題か、至らない部分を考えることで、最初は5連敗だった面接の勝利も、8月には5割以上になっていました。

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】


夏のインターンの種類は様々ですが、グループでの活動にも長めの時間が取られます。その分フィードバックや振り返りの時間も充実しているので、単なる振る舞いにとどまらず、自分自身の根本的な価値観や他の方の動きにも注目していました。


秋や冬は大学の授業も重視つつ(留年するのは本末転倒)、講義のない時間に参加できそうなインターンや選考会に参加しました。結局、10月には1回、11月には2回、12月には3回東京の企業にも出かけています。日程的に何度も往復するのは厳しいと交渉したところ、別企業のインターンの前の朝8:30から面接の機会をいただいたこともありました。企業側は採用を前提に動いていますので、失礼のない程度にかつ熱意が伝わると考慮していただけるものです。


インターンへの参加は10社を超え、このあたりで自分自身の振る舞い方がわかってきたような気がします。グループでの活動では、積極的に発言して目立つことだけが全てではありません。チームの様子を見て自分ができることを探して取り組んでいくと自ずと評価が高くなります。私の場合には、あまり間に出過ぎると悪目立ちする傾向があったので、出てきた案を根拠立てて検証する役をすると受けが良く、MVPをいただいたこともありました。



◎本選考、就活での悪夢:持ち駒全滅に直面、内定ないから工夫したこと


さて、就活の本番とも言える本選考です。早い場合は年明け前後から動きが見受けられるので、予め期末試験後の日程で選考会の申し込みを始めました。比較的に時間のある春休み期間中に就活を終わらせる目論見だったのです。しかし、グループディスカッションや最初の面接を通過しても、途中で不採用になる状況が続きます。最も堪えたのは、東京3連戦(最終面接2社と最終面接の手前1社)で全滅したことでした(同じ日に入っている最終面接手前の別の会社でも保留されている)。内定が獲得できないばかりか、全滅状態にまで追い込まれてしまったのです。


選考が進んだ時点で不採用になる場合、力そのものよりも企業に合わないと判断される傾向があります。芳しくないことを受けて、なぜその企業に入社したいのか、その決め手をより慎重に探すようにしました。業界用語を使うなら、志望動機に自己PRを論理的に絡めるイメージがわかりやすいかもしれません。何となくでは相手側も採用するメリットが見つかりづらいものです。なぜ入社に値するかをしっかりと説明できるように練習し、その背景として本当に入社したいのか、価値観の深い部分まで知ることも大切だと実感し、その後の就職活動に役立てました。

参加者内定率96%のMeetsCompany



◎最終面接に遅刻?最後の決め手は電話だったか


就活の終わりが見えない状況の中で、大学4年生になり、ついに実験が始まってしまいました。週5日の午後は実験の授業が入り、夜の選考も間に合いません。参加できるのは土日の日程のみ、見つけたら応募し、平日朝はWebテストや近場の企業に顔を出していました。残っていた企業に対しては、予め忙しいことをメールで伝えて日程を調整し、お互いの齟齬がないように慎重に進めていきました。最終選考を3か月ほど待っていただけたところもあります。


しかし、ギリギリの状態で就活をするとうまくいかないこともあるものです。交通渋滞に巻き込まれて、何と最終選考に遅刻してしまったこともありました。しかし、最終的にその企業からは内定をいただけたのです。その理由の一つとしては、約束の時間よりもかなり前の段階で電話で連絡して相手側の意向を伺っていたことが挙げられます。迷惑をかけていることを謝罪するのはもちろんのこと、代替案を提示して企業側の考えを訊き、そして面接の場ではいつも通りの自分を出すことを心がけました。仕事の場では必ずしも成功ばかりするとは限りません。失敗した時にどう対処するのか、それも含めての評価ですから、最後まで諦めないことも大切なのです。

後悔のない就活



◎まとめ:就活体験記の振り返り


今回は当方が大学3年生から行っていた就活を体験記にしてご紹介しました。必ずしもいまくいかないことも多くありましたが、多く経験を積むことで振る舞い方や価値観が見えてきたと考えています。就活市場も大きく激変する中で不安もあるかもしれませんが、今後とも発信する内容で少しでもお役にたてるのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました