スポンサーリンク

新潟/富山/福井/山梨/岐阜/愛知/三重/静岡県 感染者数の推移【中部地方/東海地方】


新型コロナウイルス感染症(covid-19)の報道が最近は減ってきていますが、どのように変化しているのかが気になるかもしれません。聞かなくなったので安心するのではなく、最近の状況をしっかりと把握しておきたいですよね。地域別推移としてこれまで東北・近畿・九州などをみていきました。今回は、新潟/富山/福井/山梨/岐阜/愛知/三重/静岡県などの中部・東海地方での新規感染者数推移についてご紹介します。



◎新潟/富山/石川/福井/長野/山梨/岐阜/愛知/静岡/三重 感染者推移【中部地方/東海地方】


流行性の感染症であることを踏まえると、他地域からの影響を少なからず受けるものです。中部地方は特に首都圏・大阪圏とも接していることから、似たような山なりのグラフと0人が長期に渡って続く状態、断続的に感染者が発生する状態に2分されます。それぞれの県がどの傾向に当てはまるのかをみていきましょう。



●新潟県内の感染者数の推移


2月29日に初の感染者が出た新潟県は、3月上旬から感染者が目立っていますが、全国的に拡大が見られた4月は1日あたり最大でも6人にとどまっていました。5月16日から6月17日までは1か月連続で感染確認がなかったものの、7月下旬以降はまた数人ずつ増えてきています。しかし、一時的に増えても続くわけではないことから、他地域からも持ち込まれて県内では比較的に拡大が抑えられていると考えられるでしょう。断続的に増える様子は、山梨県に近い傾向があります。全国では引き続き多い人数で推移していますので、もうしばらくは断続的に増えていくでしょう。



●富山県内の感染者数の推移


富山県では、大都市圏の都府県と似たような推移になっています。3月30日に初の感染者が出た後、4月4日からは5月5日まで1か月連続で感染確認が続き、4月中旬をピークに1日あたり10人前後で推移しました。一方で、5月18日から7月1日までは1か月以上0人が続いており、7月下旬以降はまた毎日感染者の報告が続いています。比較的に県内で感染が広まる傾向があると考えられ、全国的に高止まりが続く現状を踏まえると、まだまだ警戒を続ける必要があるでしょう。



●福井県内の感染者数の推移


福井県では、大都市圏と似たような推移をしているものの、4月の拡大期の方に感染者が集中していた印象です。3月18日に初の感染確認があった後、3月25日から1か月間ほぼ毎日感染者の報告がありました。ピークが4月上旬で山なりになっており、5月以降2か月ほど感染者が見受けられなかったのも都市圏と似た傾向です。7月以降は再び感染確認がありますが、比較的に抑えられており、福井県が独自に行っている拡大地域への往来注意などが功を奏しているものと考えられます。



●山梨県内の感染者数の推移


山梨県では、急増することはないものの長期的に0人ともならない、断続的な増加が特徴です。初めて感染者が出た3月6日以降、3月中旬を除いて10日連続で0人が続いたことがありませんが、1日あたり最大でも10人(8月6日・8月19日)にとどまっています。このような推移をしているのは、県内ではなく他地域から持ち込まれながらも拡大は押さえこまれているためでしょう。距離的に近い首都圏では依然として感染者が出ているため、しばらくは影響を受けながら推移するものと考えらます。



キャリアスタート



●石川/長野県内の感染者数の推移はこちらから


石川県は、富山県や福井県の他の北陸地方と同様に、大都市圏と似た山なりの推移が見られるのが特徴です。感染者が出てから拡大していくため、現状の高止まりを見ると引き続き警戒する必要があるでしょう。長野県は人数が少ないですが同じく山なりの推移があり、首都圏からの移動が少なからず影響しているものと考えられます。詳しい推移に関してはこちらの記事で触れておりますので、参考にしていただければ幸いです。



●愛知・岐阜・静岡・三重県内の感染者数の推移


東海地方の各県では、周辺の県と連動して推移しているのが特徴です。鉄道沿線でつながっており、人の移動が多いためだと考えられます。いずれかの県で出ている場合には他の県にも広がりやすいので、収束傾向が見受けられるまでは引き続き警戒していきましょう。詳しくはこちらの記事で触れております。



◎まとめ:東海地方と中部地方は他地域の影響を受けて推移


今回は、新潟/富山/福井/山梨/岐阜/愛知/三重/静岡県などの中部・東海地方での新規感染者数推移についてご紹介しました。北陸地方では都市部に似た山と0が続く推移が見られ、新潟県や山梨県では断続的に増えている傾向があります。他県の影響を受けやすいことを踏まえ、他の地域の様子も見比べながら対策を講じていくようにしましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。


次回作

コメント

タイトルとURLをコピーしました