スポンサーリンク

go to イートキャンペーンはいつから?購入場所・使い方と飲食店予約サイトがお得な理由

京都情報・おでかけ


go to eat(イート)キャンペーンを耳にするようになり、使い方が気になるかもしれません。いつから始まるのか、どこで買えるのかなどを知ってお得に利用したいですよね。go to イートは食事券だけではなく飲食店予約サイトを使う方法もあり、その仕組みを把握することでより便利に外食が楽しめるのです。今回は、go to イートキャンペーンの期間や購入方法と、便利な使い方をご紹介します。



◎go to イートはいつからいつまで?チケット購入・利用できる期間


「go to イートキャンペーン」は、飲食店と食料提供者を支援することを目的に、農林水産省が行っている取り組みです。チケットの購入は、都道府県ごとに開始日が異なります。たとえば、go to eat が東京でいつから始まるかが11月20日だとようやく決まったのに対し、大阪では10月14日からで10月27日には既に第三弾発売開始、と大きく違うのです。一方で、後程詳しくご紹介しますが、ネット予約の方は全国一斉に2020年10月1日から始まっています。


go to イートキャンペーンの利用終了日は2021年3月末が予定されていますが、チケットの販売は2021年1月末までです。何度かに分けて販売が行われるものの、数量に限りがあるため購入できなくなるかもしれません。残ると損ですが、後々に出かけることをお考えであれば、見つけたときに早めに手に入れておく方が良いでしょう。



◎go to イート(eat)キャンペーンのチケットが購入できる場所/方法は三種類!飲食店予約サイトでも


go to イートキャンペーンを利用できる方法は実は三種類もあります。プレミアム付き食事券と呼ばれるチケットが有名ですが、他の二つも知っておくと便利なため、合わせて押さえておきましょう。紙媒体・電子媒体・ネット予約について来店までのやり方をそれぞれご紹介します。(来店してからの話は次の項目で)



●紙媒体でのプレミアム付き食事券は特定の店舗で


巷で人気なのが、紙媒体でのプレミアム付き食事券チケットです。販売場所は都道府県によって異なり、特定の店舗やコンビニエンスストアなどで購入できます。販売開始日には行列ができている報道もありますので、時間を調べて早めに並んでおくのが良いでしょう。多くの地域では500円ずつの食事券がセットになっており、10000円を支払うと12500円分(500円券なら25枚)がもらえます。購入できるのは1日1回限りで、最大でも25000円分(支払い20000円)までのところが多いです。



●チケット購入場所に並ぶ必要なし、電子媒体でのプレミアム付き食事券


プレミアム付き食事券の店舗購入は、平日から販売のことも多いため、お勤めの方や学生の方は手に入れるのが難しいかもしれません。そこでおすすめなのが、電子媒体で購入することです。地域によっては、同じ食事券を電子媒体で販売している都道府県もあります。まず、都道府県のGo to Eat キャンペーンサイトを検索し、電子版があるかを確認しましょう。QRコードを読み込んでLINE登録し、情報を入力してから、購入の項目に進みます。同様に、1日1回限りで、最大でも25000円分(支払い20000円)までである点は注意です。



●飲食店予約サイトを利用した座席確保でのポイント付与


インターネットを使って飲食店の予約をすることでもポイントがもらえます。利用が昼食(07:00~14:59)であれば1人あたり500円・夕食(15:00~06:59)であれば1人あたり1000円分です。このポイントは数週間後に入るためその場では使えませんが、回数や人数が増えるとその分一気に入ります。


方法は通常のネット予約とほぼ同じで、まずは飲食店予約サイトにアクセスしてみましょう。店名を検索して、候補欄に『Go to Eat キャンペーン 対象』と書かれているかを確かめます。同じ店でも、予約サイトによって対象としているところと対象外にしているところがあるためです。記載があれば、今度は希望の日時に予約枠が残っているかを表示されているカレンダーで確かめます。希望日時を押して、進んだ先で求められる代表者氏名や電話番号などの情報を書き進めましょう。近年は、予約キャンセルに非常にシビアに対応するところも増えてきていますので、失礼のないように確実な人数・時間を申請するのが大切です。

実名口コミグルメサービスNO.1【Retty】



◎go to イートの使い方、飲食店の予約・チケットの購入場所によってやり方が異なる


チケット購入や予約ができれば対象の飲食店に来店です。ここでもgo to イートのどの仕組みを使ったかによって利用方法が異なりますので、しっかりと流れを知っておきましょう。先程と同じく、紙媒体・電子媒体・ネット予約の順番にご紹介します。



●紙媒体でのプレミアム付き食事券(チケット)を購入した場合


対象の店舗で食事をして、会計時にプレミアム付き食事券(チケット)での支払いを希望することを伝えましょう。金額に応じて500円の券を渡します。注意したいのは、チケットでの支払いはおつりが出ないことです。そのため、499円以下の余り分は現金で追加で支払うことになります。(理論上は余りが400~499円ならオーバーしてもチケットの方が安いのですが、よくわからない場合はぎりぎりで止めておくと良いでしょう)。



●電子媒体でのプレミアム付き食事券(チケット)を購入した場合


go to イートキャンペーンのLINEを開いて、今度は『支払い』の項目を選択します。店側には、「電子版の食事券で支払いたい」と画面を見せると、決済のQRコードを出してもらえるでしょう。紙媒体のチケットとは違い、電子版では1円単位で支払いができます。そのため、端数の追加支払いも必要なく、必ず2割引きになる点でお得なのです。



●予約サイトを利用して飲食店の座席を確保した場合


go to イートキャンペーンは、予約+来店で初めて発行されます。そのため、もし心配であれば、入店時に「●●サイトの予約で来ました」と店側に予約が通っているかを確認すると良いでしょう。予約サイトを利用した場合には、プレミアム付き食事券の併用はできません。通常の来店と同じように食事をし、現金・クレジットカード・~payなどを使って支払います。ポイントは予約サイトによって異なりますが、1週間から2週間後に付与されることが多いです。



◎go to イートの裏技、飲食店ネット予約サイトがプレミアム付き食事券と比較してお得な理由


ここまでgo to イートの利用方法をご紹介しましたが、ネット予約とプレミアム付き食事券のどちらを使うのが良いのかがわからないかもしれません。私も周りの反応を見ていると、「そもそもネットはよくわからないから…」とプレミアム付き食事券の店舗購入を目指しているのですが、飲食店予約サイトでのgo to イートの使い方を知っておくと非常に便利です。なぜネット予約サイトが裏技とも言えるのか、メリットを四つご紹介します。



●go to イートのプレミアム付き食事券の販売開始前から始まっている


上記でgo to イートキャンペーンがいつから始まるかに関して触れました。プレミアム付き食事券の販売は地域によって異なり、遅い地域では11月下旬のところもあります。一方で、飲食店予約サイトでのgo to イート利用は10月1日から始まっているのです。食事券を求めて行列を作る報道も出ていますが、実ははるか前からネット予約をすれば恩恵は受けられます。それを知らずに対象の飲食店を利用するのはもったいないですよね。



●go to イートでも飲食店の予約のやり方は同じ、売り切れのリスクがない


プレミアム付き食事券の店舗購入では、数に限りがあることから、初日の朝や昼間に長蛇の列ができて売り切れてしまう事例も出ています。平日から販売のことも多いため、お勤めの方や学生の方は手に入れるのがそもそも難しいかもしれません。しかし、go to イートキャンペーン対象の飲食店を予約サイト経由で座席を確保すると、それだけで500円あるいは1000円が戻ってきます。予約の方法は通常通りである上に、プレミアム付き食事券のように売り切れるリスクもありません。(満席であればチケットを持っていても入れないのでデメリットにはならない)



●予約することで、レストラン・飲食店に並ぶ手間や入れない心配が無用


飲食店の予約をすることで、(店側の不備がない限り)確実には入れるのも大きなメリットです。今では多くの店舗が予約サイトと提携しており、ネットを通して飲食店の予約ができます。仮にチケットを購入したとしても、利用しようと思っているレストランや居酒屋に並ぶ必要があるかもしれません。割引券であるプレミアム付き食事券の対象であれば、更なる人出も予想されます。入れない心配や寒い店外で待つ手間もなく、すぐに食事ができるのは嬉しいですよね。



●ネット予約サイト経由の飲食店利用が比較的にお得、その理由はgo to イートの仕組みに


ネットでの予約は、チケットつまりプレミアム付き食事券よりも比較的にお得なのもメリットの一つです。なぜなら、go to イートの仕組みが両者では違うためです。電子版も含めた食事券の場合、25%分が増量されてもらえるため、実際に使う場合には元々の価格の8割だけ支払えばよいことになります。(たとえば、10000円分購入すると12500円になるので、それを全て使って食事をした場合には、12500円の料理に対して現金では10000円しか支払っていないことになりますよね。そのため、12500⇒10000円に値下げしたのと同じことであり、他の金額でも比例して8割換算(2割引き)とみなせるのです。)


一方で、飲食店予約サイトを使った場合には、500円以上のランチに対して500円分・1000円以上のディナーに対して1000円分のポイントがもらえるのです。チケットは金額の比率によって、予約サイトでは一律で引かれるために、金額によって実質支払う必要のある金額が変わります(ここで実質としているのは、予約サイト経由でのポイントは次回以降の利用となるため)。


1人あたりの食事金額の例で各サービスを使った際にどの程度お得なのかを表にまとめてみました。それぞれの金額で最もお得になる方法に濃い色を付けています。食事券の方が安いのは、ランチであれば499円以下と2501円以上・ディナーであれば999円以下と5001円以上です。一方で、予約の方が安いのは、ランチで500円から2500円・ディナーで1000円から5000円となっています。実際に食事をされる場を考えると、1人当たりランチで500円から2500円・ディナーで1000円から5000円の範囲に収まっていることが意外と多いでしょう。go to イートは広範囲の価格帯で最も安くなる点でもネットでの予約に分があるのです。

贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』



◎まとめ


今回は、go to イートキャンペーンの期間や購入方法と、便利な使い方をご紹介しました。やり方は三つありますが、1円単位で利用できる電子版や飲食店予約サイトを経由した方法が特におすすめです。まだまだ大変な状況ですが、お得に好きなお店を回って、店舗側にとっても立て直しのきっかけになると良いですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました