スポンサーリンク

大阪の感染者数の推移をグラフで1日ごとに、今日の大阪の感染者数は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報


「今日の大阪の感染者数はどうだったのだろう?」と気になるかもしれません。大阪の昨日の感染者数と比べてどの程度変わったのか、以前より多い・少ないの最新情報は早めに知っておきたいですよね。今回は、大阪の感染者数の推移をグラフでまとめたものを、本日の大阪の感染者数とともにご紹介します。



◎大阪の今日の感染者数、昨日の感染者数と比べると…


5月01日:1262人(過去最多)
4月30日:1043人
4月29日:1172人
4月28日:1260人(過去最多)
4月27日:1230人(火曜日最多)
4月26日:922人(月曜日最多)
4月25日:1050人
4月24日:1097人
4月23日:1161人
4月22日:1167人
4月21日:1242人(過去最多)
4月20日:1153人(火曜日最多)
4月19日:719人(月曜日最多)
4月18日:1219人(過去最多)
4月17日:1161人(土曜日最多)
4月16日:1207人(金曜日最多・一旦は1209人で過去最多と報道)
4月15日:1208人(過去最多)
4月14日:1130人(過去最多)
4月13日:1099人(過去最多・初の1000人超え)
4月12日:602人(月曜日最多)
4月11日:827人(日曜日最多)



◎大阪の感染者数の推移をグラフで、新たな感染者数が増えたのはいつ?



●大阪の新規感染者数の推移のグラフ【全体概観】


2020年3月からの大阪の感染者数を推移グラフとしてまとめたものの概観です。いわゆる第一波・第二波・第三波がはっきりとしていて、特に最近の第四波が際立って急上昇していてかつこれまでの倍以上と集中していることがわかります。大阪府の感染者数の推移グラフは、『大阪府の最新感染動向』での発表内容を基にまとめました。



●感染者数が大阪で増えたのは?4か月ごとの推移【2020年3月~2020年6月】


大阪府の感染者数の動きを、2020年2月以降の4か月ごとの推移グラフとして取り出してみましょう。まずは、2020年2月から5月までをみています。大阪府内で初の感染者が見られたのは、2020年1月29日のことです。3月中の感染者数はほぼ15人未満で推移し、緊急事態宣言が発令された前後に最初の目立った増加が見られます。4月7日から4月21日ごろまで50人以上の大きな山が続いていますが、その後は減少し5月中旬以降は多くても3人と小康状態でした。



●新規感染者数が大阪でも目立つように【2020年6月~9月】


続いては2020年6月から9月までの大阪の感染者数の推移グラフです。7月1日に5月13日以来の2桁を記録し、7月7日以降はいずれも10人以上を推移しています。大阪の感染者数が、初の60人越えになったのは7月15日、120人越えがその7日後の7月22日で、1週間ごとに倍増した時期です。いったん勢いが付くと急上昇する傾向が見られます。7月29日に221人・8月6日に225人・8月7日に255人で過去最多を記録し、9月以降の感染者数は50~100人前後で推移する日が多く見受けられました。



●大阪の新たな感染者が相次いで過去最多を更新【2020年10月~2021年1月】


こちらは、2020年10月から2021年1月までの大阪府の感染者数の推移グラフです。10月中旬までは40~80人ほどで推移していた大阪の感染者数は、10月下旬より徐々に100人超えの日が目立つようになります。11月19日に338人・11月20日に370人・11月21日415人・11月22日に490人と11月中旬にかけて一気に過去最多を更新しました。その後は200人以上が多いものの最多にはならず、グラフでも右肩下がりなのがわかるかもしれません。2021年1月6日に560人・1月7日に607人・1月8日に654人と大阪の感染者数が過去最多となり、緊急事態宣言の要請に至っています。



●大阪の感染者数の最新数か月、重症者数も深刻に


最後に、2021年2月からの大阪の感染者数の推移グラフです。緊急事態宣言発令の効果もあったのか、2月に入ると二桁の日も出るようになり、特に2月18日から3月8日にかけてはいずれも100人以下が続きました。しかし、2月末で緊急事態宣言が解除されてから数週間後にあたる3月の中旬から大阪府の感染者数の推移は上向きグラフに転じます。3月19日に約1か月ぶりに150人以上になると、1週間後の3月26日に1月以来となる300人を超え、3月31日には1月16日以来の600人に達しました。4月4日に666人・4月6日に731人・4月7日に879人・4月8日に957人・4月10日に991人と過去最多を更新し、4月13日には1099人で大阪の感染者数としては初の1000人超え、4月14日に1130人・4月15日に1208人・4月18日に1219人・4月21日に1242人と最多を記録しています。今日の大阪府の感染者数をご覧いただくと、最近の増え方がより際立っているかもしれません。大阪府は20日、緊急事態宣言の発令を国に要請し、4月25日から3回目の緊急事態宣言が決まりました。



◎近畿地方の他府県の感染者数はこちら



◎まとめ


今回は、大阪の感染者数の推移をグラフでまとめたものを、本日の大阪の感染者数とともにご紹介しました。感染者の推移をグラフでみると、長期的に上がっているか下がっているかもわかります。他の地域に関しても以下の記事で触れていますので、併せて参考にしていただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました