スポンサーリンク

東京都内の感染者数の推移をグラフで1日ごとに、今日の東京の感染者数は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報


「本日の東京の感染者数はどうだったのだろう?」と気になるかもしれません。東京の昨日の感染者数と比べてどの程度変わったのか、以前より多い・少ないの最新情報は早めに知っておきたいですよね。今回は、東京の感染者数の推移をグラフでまとめたものを、今日の東京の感染者数とともにご紹介します。



◎東京の今日の感染者数、昨日の感染者数と比べると…


7月25日以降は、18日連続など8月22日までの29日のうち25日で曜日の最多を更新しており、そのうち7日間は過去最多を記録しています。

(注:東京都の発表数値に変更がありましたので、修正を行いました。これは、東京都が10月29日に発表した、4月上旬~10月上旬に4512人の計上漏れと447人の二重計上があった分です。結果として累計感染者は4065人増加することになり、過去のデータと最大で200人以上数値が変化している日があります)

2月23日:14567人
2月22日:11443人
2月21日:8805人
2月20日:12935人
2月19日:13516人
2月18日:16129人
2月17日:17864人
2月16日:17331人
2月15日:15525人
2月14日:10334人
2月13日:13074人
2月12日:11765人
2月11日:18660人
2月10日:18891人
2月09日:18287人
2月08日:17113人(火曜日最多)
2月07日:12211人(月曜日最多)
2月06日:17526人(日曜日最多)
2月05日:21122人(土曜日最多)
2月04日:19798人(金曜日最多)
2月03日:20679人(木曜日最多)
2月02日:21576人(東京都内の感染者数の過去最多更新)
2月01日:14445人(火曜日最多)
1月31日:11751人(月曜日最多)
1月30日:15895人(日曜日最多)
1月29日:17433人(土曜日最多)
1月28日:17631人(過去最多)
1月27日:16538人(過去最多)
1月26日:14086人(過去最多)
1月25日:12813人(過去最多)
1月24日:8503人(月曜日最多)
1月23日:9554人(日曜日最多)
1月22日:11227人(過去最多・初の1万人超え)
1月21日:9699人(過去最多)
1月20日:8638人(過去最多)
1月19日:7377人(過去最多)
1月18日:5185人(火曜日最多)
1月17日:3719人(月曜日最多)
1月16日:4172人
1月15日:4561人
1月14日:4051人(8月27日以来の4000人超え)
1月13日:3124人(9月2日以来の3000人超え)
1月12日:2198人(9月4日以来の2000人超え)
1月11日:962人
1月10日:871人
1月09日:1223人
1月08日:1224人(9月15日以来の1000人超え)
1月07日:922人
1月06日:641人(9月23日以来の500人超え)
1月05日:390人(9月26日以来の300人超え)
1月04日:151人
1月03日:103人(10月8日以来の100人超え)
1月02日:84人
1月01日:70人
12月31日:78人
12月30日:64人
12月29日:76人
12月28日:46人
12月27日:35人
12月26日:43人
12月25日:38人
12月24日:39人
12月23日:37人
12月22日:40人
12月21日:38人
12月20日:11人



8月31日:2926人
8月30日:1969人
8月29日:3124人
8月28日:3691人
8月27日:4350人
8月26日:4783人
8月25日:4334人
8月24日:4328人
8月23日:2537人
8月22日:4448人(日曜日最多)
8月21日:5247人
8月20日:5529人
8月19日:5729人(木曜日最多)
8月18日:5567人(水曜日最多)
8月17日:4534人(火曜日最多)
8月16日:3129人(月曜日最多)
8月15日:4348人(日曜日最多)
8月14日:5249人(土曜日最多)
8月13日:5908人(過去最多・金曜日最多)
8月12日:5133人(木曜日最多)
8月11日:4425人(水曜日最多)
8月10日:2775人
8月09日:2972人(月曜日最多)
8月08日:4139人(日曜日最多)
8月07日:4652人(土曜日最多)
8月06日:4688人(金曜日最多)
8月05日:5149人(過去最多・木曜日最多)
8月04日:4316人(過去最多・水曜日最多)
8月03日:3798人(火曜日最多)
8月02日:2282人(月曜日最多)
8月01日:3134人(日曜日最多)
7月31日:4143人(過去最多・初の4000人超え)
7月30日:3386人(金曜日最多)
7月29日:3920人(過去最多)
7月28日:3234人(感染者数過去最多・初の3000人超え)
7月27日:2889人(過去最多感染者数・1月15日以来の2000人超え)
7月26日:1449人(東京月曜日最多の感染者数、これまでは1月11日の1252人)
7月25日:1785人(東京日曜日最多の感染者数、これまでは1月17日の1595人)
7月24日:1148人
7月23日:1367人
7月22日:1984人
7月21日:1839人(東京水曜日最多、これまでは1月6日1640人・1月17日以来の1500人超え)
7月20日:1391人(東京火曜日最多の感染者数、これまでは1月5日の1315人)
7月19日:727人
7月18日:1008人
7月17日:1411人
7月16日:1272人
7月15日:1309人
7月14日:1150人(感染者数が5月13日以来の1000人超え)
7月13日:829人
7月12日:503人
7月11日:613人
7月10日:951人
7月09日:823人
7月08日:896人
7月07日:920人
7月06日:592人
7月05日:342人
7月04日:518人
7月03日:715人
7月02日:660人
7月01日:674人

6月30日以前
*木曜日最多は1月7日の2520人(これまでの東京での過去最多感染者数)
*東京金曜日最多は1月8日の2459人・土曜日最多は1月9日の2332人



◎東京の感染者数の推移をグラフで、新たな感染者数が増えたのはいつ?



●東京の新規感染者数の推移のグラフ【全体概観】


東京都内では、これまで全国で最も多くの感染者が出ています。第一波から第五波にかけて山が見受けられ、第四波が比較的に小さく、第三波と第五波と第六波がほかの倍以上と突出しているのが特徴です。また、第5波までは落ち切らないうちに再上昇しており、谷間の高さが数十人から数百人へと徐々に上がりながら感染者の推移が続いています。東京の感染者数の推移グラフは、『報告日別による陽性者数の推移』での発表内容を基にまとめました。



●感染者数が東京で増えたのは?4か月ごとの推移【2020年2月~2020年5月】


全国でも早い段階、3月末には休日の外出自粛要請を出すなど対応に乗り出していましたが、そのころの感染者数は50人前後でした。その後、緊急事態宣言が東京都に発令された4月8日時点での感染者数が150人を超えてきており、そこから数週間4月下旬までは連日100人以上の感染者が出続けています。(図の縦軸は10人ごと)



●新規感染者数が東京で増加傾向に【2020年6月~9月】


5月から6月中旬にかけては、東京でも感染者数が1日あたり50人以下の小康状態に抑えられてきましたが、6月下旬からは感染者数が上昇傾向で100人を超えてきます。7月4日の東京都内の新たな感染者数は131人で緊急事態宣言解除後の最多人数を更新し、7月9日には過去最多の224人を記録しました。さらに、感染者数は右肩上がりを続け、7月23日の新規感染者数は360人台(366人)に到達しています。7月30日には367人・7月31日には463人・8月1日には472人と過去最多を連日更新しています。8月第2週以降になってようやくペースが弱まりました。



●東京の新たな感染者が相次いで過去最多を更新【2020年10月~2021年1月】


[以降、図の縦軸は100人ごと]
小康状態(100~300人程度で推移)が続いていたものの、11月中旬より急上昇し、11月18日には485人・11月19日には531人で最多更新しました。曜日ごとには波があり、週間ごとに比較すると上昇下降の傾向が読み取れます。一旦高値更新をすると翌週もまた過去最多になることが多いのが特徴です。11月21日に538人・11月27日に569人・12月5日に583人・12月10日に600人・12月12日に620人・12月16日に678人と東京の感染者数は過去最多を更新し、12月17日には821人で急増、12月24日には888人に達しました。勢いは止まらず、12月26日に949人・12月31日には1300人超えとなり、一気に1000人台を突破しています。東京での感染者数は、2021年になっても700人以上を推移し、1月6日には1591人・1月7日は2447人と大幅に更新しました。1500人超えも初めてのことであり、1月8日が2392人・1月9日が2268人と感染者数の高止まりが続きます。



●緊急事態宣言でも東京の1日の感染者数が高止まりで推移【2021年2月~2021年5月】


第三波が減少に向かいその後第四波を形成した2月以降は数百人での推移が続いています。最も少ない日でも3月8日の116人と、期間内で100人未満になったことがありません。一方、2021年4月には3回目となる緊急事態宣言が発令され、東京都の感染者数は最高でも5月8日の1121人と比較的に緩やかな推移が見られたのは、過去最多が相次いだ近畿圏とは異なる特徴です。



●東京都内の重症者数も深刻に、東京5000人超えの日も


冒頭で、感染者数が落ち切らないうちに次の上昇がみられるのが東京の特徴だと記載しましたが、2021年6月以降は200人未満になったことがありません。6月20日に解除した緊急事態宣言は、感染者の増加傾向を受け7月12日に4回目の発令となりました。

深刻なのは、緊急事態宣言が発出されて数週間後でも東京都内の感染者数が過去最多を更新している点でしょう。発令日とその前後の感染者のピークを見てみると、
1回目:2020年4月07日;4月8日~4月17日ピーク
2回目:2021年1月07日;1月7日~1月9日で2000人超え
3回目:2021年4月25日;4月29日~5月13日に1000人超えの日
4回目:2021年7月12日;7月下旬以降ほぼ倍増
などとなっています。2週間ほどでピークを迎えるのがこれまでの傾向でしたが、8月上旬以降も増加が見受けられるようであれば、効果が薄れている状況と言えそうです。懸念通り、7月25日から8月22日の29日間のうち25日間で曜日での最多・7日間で過去最多を更新しています。



●東京都内の感染者数の最新数か月


軒並み過去最多を更新した第5波でしたが、増えるのが急だった一方で、減るのも急になっています。曜日別感染者数を最後に更新した8月22日の約2週間後、9月6日には974人と7月19日以来の1000人未満を記録しました。その2週間後の9月20日には7月5日以来の500人未満(301人)・さらにその2週間後の10月4日には2020年11月2日以来となる2桁になっています。第2波・第3波・第4波は過去の波よりも高い水準で再び増加を見せており、以前の波の最低値を更新するのは異例のことです。11月1日には9人と2020年5月25日以来の1桁を記録しました。


ただ、2022年に入ると、東京都内の感染者数が急増の傾向が見受けられます。曜日ごとに比較すると、84⇒1223(14.55倍)・103⇒871(8.45倍)・151⇒962(6.37倍)・390⇒2198(5.63倍)・641⇒3124(4.87倍)・922⇒4051(4.39倍)などと、これまで1週間で倍増していたよりも拡大速度が強いと言えるでしょう。



◎東京都内での新規感染者数を曜日に分けたものはこちらから



◎まとめ


今回は、東京の感染者数の推移をグラフでまとめたものを、本日の東京の感染者数とともにご紹介しました。感染者の推移をグラフでみると、長期的に上がっているか下がっているかもわかります。他の地域に関しても以下の記事で触れていますので、併せて参考にしていただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました