スポンサーリンク

過去最多更新も、感染者数は今日も増加、都道府県・地域別で増えたのは?曜日別の分析も

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

新型コロナウイルス感染症(covid-19)に関連した報告では、「過去最多」が頻繁に使われるようになり、どの程度増えてきているのかが気になるかもしれません。過去最多を更新している地域や最近増えてきている都道府県も知っておきたいですよね。今回は、今日を含めた1週間の増加と、曜日ごとに感染者数を分析して考えられることなどをご紹介します。



◎過去最多更新の場所も、都道府県・地域別で最近増加しているのは?


全国では7月29日に初めて合計で1000人を突破し、7月28日・7月30日・7月31日と4日連続で最多記録を更新しました。東京は7月29日:250人で水曜日の最多人数を記録し、7月30日:367人・7月31日:463人・8月1日:472人と過去最多になっています。特に最近増加している地域は、大都市圏と九州地方です。大都市圏のうち、大阪府と愛知県では連日過去最多を記録しており、特に7月31日には愛知県で203人・大阪府で216人とともに200人を突破しました。以前別の記事でご紹介していますが、周辺地域にも広がりを見せており、特にこれまで数人程度の増加だった静岡県が1週間以上10人以上・兵庫県で1日あたり40人ほどを記録しています。


また、九州地方は、福岡県で7月26日:90人・7月29日:101人・7月30日:121人・7月31日:170人と連日過去最多となっています。また、熊本県でも7月27日に一気に44人増えたほか、宮崎県と沖縄県では7月27日以降6日連続で10人を記録しました。比較的に感染者数の少ない県が多かったものの、最近数週間の動きは気になるところです。都道府県別の3月以降の感染者数の推移は、こちらのグラフでまとめています。

https://drive.google.com/file/d/1iPgQTyyKXPEbpqanZ91q2oKzXpeXdThc/view?usp=sharing

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



◎東京都内の感染者数の推移で判明?曜日別に分析すると…


東京都内では、新規感染者が過去最高を更新していると連日報道されています。お気づきになっているかもしれませんが、特徴的なのは、木曜日と金曜日に特に集中していることです。検査数や態勢の違いによって変化があるとされています。この点で、曜日ごとに見ると非常に興味深いのです。以下には、東京都内における3月以降の新規感染者の推移を曜日ごとに記しました(横軸はその週の日曜日を示しています、たとえば3月1日は3月1日~3月7日の週のこと)。感染確認の少ない期間はどの曜日も同じ数値ですが、増えてくると差が出ているのがわかるでしょう。4月は月曜日が少なく、金曜日が多い傾向がありました。また、7月以降は木・金・土曜日が抜け出していて、他の曜日が下の塊になっています。


これは数字で見てもわかります。過去最多を記録した日(100人以上のみ)を赤で塗ると、これまで14回の更新のうち、木曜日と金曜日が10回を記録しているのです。特に木曜日は、6月28日の週つまり7月2日に緊急事態宣言解除後最多の107人を記録してから、7月9日:224人・7月16日:286人・7月23日:366人・7月30日:367人と4週連続で過去最多を更新しています。金曜日もそれを更新することが多いことから、この二つの曜日は多い人数が報告される可能性があると押さえておくのが良いでしょう。しかしながら、橙で示したように過去最多ではないものの、曜日別では最多の日も13日も見受けられます。特に7月26日~8月1日の週は月曜日を除いていずれも曜日別で最多記録を更新しており、まだまだ増加の勢いが衰えているわけではない点は要注意です。


東京の感染者数に関してはこちらの記事でも触れております。



◎まとめ


今回は、今日を含めた1週間の増加と、曜日ごとに感染者数を分析して考えられることなどをご紹介しました。全国各地で感染者が報告されており、特に大都市圏と九州地方で増加が見られます。緊急事態宣言が地方のみにとどまっており、大掛かりな外出制限がない現状では感染拡大は致し方がないのかもしれません。なるべく感染しないように、手洗いや消毒などを徹底していきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました