スポンサーリンク

〔2021年〕今年の紅白出場歌手・初出場は?紅白歌合戦2021の曲の予想

音楽・紅白・カラオケ


今年の紅白歌合戦の出場歌手が2021年11月19日に発表されました。今年の紅白の出演者は誰なのだろうと気になるかもしれません。紅白2021に選ばれたアーティストを知り、本番の楽しみにしたいですよね。今回は、2021年の紅白歌合戦での出場歌手ともに、紅白歌合戦2021での曲の予想もご紹介します。【随時更新】



◎今年の紅白歌合戦の出場歌手は?紅白歌合戦2021の出場歌手の一覧と初出場


紅白歌合戦2021の出場歌手は、2021年11月19日に発表されました。第72回NHK紅白歌合戦の出場歌手の現時点での一覧は次の通りです。紅組が22組・白組が21組・特別企画が1組発表されています。やはり例年よりも少ないため、ここ数年のように追加での発表があるかもしれません。新しい情報が入り次第、随時更新します。(敬称略)



●紅白歌合戦2021で初出場となった歌手は?


紅白歌合戦2021で初出場となった歌手は、紅組4組・白組6組の合計10組です。
紅組では、Awesome City Club・上白石萌音・BiSH・millennium parade × Belle (中村佳穂)が紅白歌合戦への初出場が決まりました。
また白組は、KAT-TUN・Snow Man・DISH//・平井 大・布袋寅泰・まふまふが紅白歌合戦に初出場です。


●2021年の紅白出場歌手は2020とどの程度違うのか?


2021年の紅白歌合戦の出場歌手は先ほどの初出場の10組に加えて、4組の復帰出場があります。
紅組では、AIが第68回紅白歌合戦(2017)以来4年ぶり4回目・薬師丸ひろ子が第65回紅白歌合戦(2014)以来7年ぶり2回目の紅白出場を果たしました。
白組では、BUMP OF CHICKENが第66回紅白歌合戦(2015)以来6年ぶり2回目・宮本浩次が第69回紅白歌合戦(2018)以来3年ぶり2回目の出場です。
また、特別企画での出場が発表された松平健は第55回紅白歌合戦(2004)以来17年ぶりの出場となります(歌唱曲目は『マツケンサンバⅡ』)。


2020年の紅白歌合戦の出場歌手のうち、現時点で紅白2021に名前がないアーティストはこちらです。
紅組:Superfly・JUJU・Foorin・BABYMETAL・Little Glee Monster
白組:嵐・五木ひろし・瑛人・Official髭男dism・Kis-My-Ft2・Hey! Say! JUMP・Mr.Children
特別企画:GReeeeN
さだまさし・玉置浩二・松任谷由実・YOSHIKI
楽曲を披露した46組のうち、三分の一以上の17組が不出場となりました。前回の記事で触れたように連続出場の割合は15年間の平均で70%ほどなのですが、今年の紅白での出場歌手では63.043%(29/46)です。

また、初出場以来連続出場を続けていた嵐(第60回紅白歌合戦2009以来13年連続)・五木ひろし(第22回紅白歌合戦1971以来50年連続)・ Official髭男dismとKis-My-Ft2とFoorin (第70回紅白歌合戦2019以来2年連続)・Hey! Say! JUMP と Little Glee Monster(4年連続で初出場だった第68回紅白歌合戦ではトップバッター)など常連が不出場になったことで、大きく顔ぶれが入れ替わった印象を受けるかもしれません。




◎今年の紅白の出演者は予想と比べるとどう違ったのか?気になる的中率も


紅白の出場者に関しては、こちらの記事で以下のように予想していました。実際の出場者と比べてどのくらい的中しているのかをみていきましょう。



◎第72回紅白歌合戦2021の歌唱曲の予想


第72回紅白歌合戦2021の歌唱曲の予想は出場歌手の決定を受けて更新します。お楽しみに。



◎紅白歌合戦2020の曲の予想はどれくらいの的中率だったのか?


紅白での歌唱曲の予想は、以下の計算式で的中率を算出しています。評価軸は、紅白での歌唱曲が一致しているか、および1曲のみorメドレーが一致しているかです。歌唱曲が予想と同じでかつ1曲orメドレーも合っている場合には1ポイント・曲目は的中していても1曲orメドレーを間違えている場合には0.5ポイントにしています。なお、曲が不正解の場合(メドレー形式の披露ではその中のどの曲でもない場合)にはポイントはありません。組数を母数として0.5の単位でポイントが入り、的中率=ポイント数÷出場組数で計算しています。


特にメドレー形式の場合にはタイトルだけでは曲目がはっきりせず、年末の紅白歌合戦の番組本番で初めて正解しているかがわかる場合もあり、発表時には暫定的な数字になり後に変化するのも特徴です。なお、追加発表として曲目と同時に出場発表があったYOASOBIは数値には含めていません。また、当初は出場者リストに入っていたものの後に出場断念となったSnow Manは計算からは外したため、白組は21組中での計算に変わりました。それでもB以降は尽く外しており、出場者以上に曲目の難しさを痛感しています。

確定版


紅白での歌唱曲の一覧に関しては、こちらの記事でも詳しく触れていますので、あわせて参考にしていただければ幸いです。



◎紅白歌合戦2019の曲の予想はどれくらいの的中率だったのか?


紅白歌合戦2019の曲の予想と実際の結果の違いは以下の通りです。基本的にその年の楽曲を中心に予想していましたが、2019年は特にその年の曲を歌う歌手が少なく(42組中23組の54.7%)特に紅組は8組のみだったことで尽く外してします。また、非常にメドレーの多い年で、実に13組も複数曲目を歌唱したのが特徴でした。近年メドレー形式の多さは把握していたので、6組は予想に入れていましたが実施は倍以上であり、曲が正解していても1曲orメドレーの形式で間違えたのことで数値が伸び悩んでいます。



◎紅白歌合戦の歌唱曲の発表はどの時期なのか?


紅白歌合戦の歌唱曲の発表はどの時期なのかが気になるかもしれません。決まった日があるわけではないですが、概ね12月20日前後、つまり本番の10日ほど前に公表されるのが特徴です。また、第62回紅白歌合戦2011のように、特別番組が企画されて番組内で歌唱曲の発表が行われることもあります。紅白歌合戦での歌唱順番なども含めた過去の発表のデータは以下の記事で詳しく触れていますので、あわせて参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました