スポンサーリンク

オートサムを使うエクセルで足し算と引き算が混合する際に、マイナスだけ合計する方法

Excel(エクセル)・Google・Wordpress


オートサムを使って引き算をしたいと思ったこともあるかもしれません。セルの合計に便利なオートSUMですが、エクセルの足し算と引き算が混合している場合のやり方も知っておくと幅が広がりますよね。今回は、エクセルのオートサムでマイナスが出てくる際の計算式の工夫や、マイナス計算ができない理由で考えられることなどをご紹介します。



◎オートサムで引き算はできるのか?


オートサムで引き算をしたいと考えたこともあるかもしれません。作業の処理がより迅速になりそうで便利ですが、結論から言うと、オートサムでは直接の引き算は難しいです。SUM関数は選択したセル範囲にあるデータを足して合計することを自動的に処理しています。そのため、オートサムでは引き算の指定はできず、すべてのセルを足し算で計算してしまうのです。



◎オートサムでもできるマイナスの処理、Excelで足し算と引き算の混合式での工夫


敢えてオートサムで引き算をするのであれば、マイナスの位置を入れ替えて合計する方法が考えられます。Excelで足し算と引き算が混合している場合、『a-b』の形が出てきますが、オートサムで合計できるように、『a+(-b)』の形に変換するのです。別のセルに正の部分はそのまま『=セル番地』、負の部分は『=-セル番地』または『=セル番地*-1』(-1倍している)となるように参照元を入力し、全て足し算できるように変えてからオートサムを使いましょう。



◎エクセルで足し算と引き算が混合している際に、SUMIFでプラスとマイナスのみ合計する方法と計算式


オートサムでの引き算は、マイナスにする部分が少ないと瞬時に合計できるので手間を省けます。マイナスが多いと前段階の変更する回数が増えるため手間がかかるかもしれません。そこで、関数を使いエクセルでプラス部分だけ・マイナスだけ合計することで、最後に引き算する方法を利用していきましょう。


SUMIFを使うと、マイナスのみ合計が可能です。計算式は、『=SUMIF(検索範囲,”検索条件”,計算するセル範囲)』と記載します。もし今回のように計算する範囲と検索範囲が同じであれば、「計算するセル範囲」は記載する必要はありません。たとえば、エクセルのF3からF10に並んでいる数値のうちマイナスのみ合計したい場合には、『=SUMIF(F3:F10,”<0″)』と入力しましょう。同様に、0以上の数値のみを合計する式『=SUMIF(F3:F10,”>=0″)』を別のセルに記入し、エクセルでプラス部分だけ・マイナスだけを合計したものを最後に計算すれば完了です。


また、 Excelで足し算と引き算が混合して煩雑に感じるのであれば、直接式を入力する方法も押さえておくと良いかもしれません。結果を表示するセルに、『=数値が入力されているセル番地+or-数値が入力されている別のセル番地 +or-…』と入力しましょう。セル番地は、数値があるところを押すことで自動的に入力できます。引き算など四則演算の詳しい方法に関してはこちらの記事でも触れていますので、参考にしていただければ幸いです。



◎エクセルでのマイナス計算ができない理由で考えられるのは?


エクセルでは数値だけではなく、時間などの引き算もできる点で便利ですが、うまくいかずにエラー表示が出ることもあるかもしれません。エクセルでマイナス計算がうまくいかない原因は主に二つ考えられます。一つ目は、関数が作用していない場合です。Excelで関数を使うメリットは手間を省けることなどが挙げられますが、書式が間違っていると参照先などに影響します。『,』一つでも異なってきますので、正しい形式かを確かめましょう。


二つ目は、数値以外のものが引き算に入っている場合です。エクセルでマイナス計算の対象となるのは数値のみで、文字列や空白には反応しません。そのため、式に含まれるセル範囲に異なるものがあるとエラー表示になってしまいます。数値が文字列として認識されているかの調べ方はこちらの記事で触れていますので、参考にしていただければ幸いです。



◎まとめ


今回は、オートサムでマイナスが出てくる際の計算式の工夫や、マイナス計算ができない理由で考えられることなどをご紹介しました。エクセルで足し算と引き算が混合している場合には、マイナス記号をずらすことで合計処理ができるようにします。 マイナス計算ができないのであれば、書式の間違いや計算式に含まれているものが数値であるかなどを確かめると良いでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました