スポンサーリンク

【就活】ガクチカの疑問、バイトやサークルでも大丈夫?深堀りとは?例文のコピーはNG?


就活の際には、ガクチカをどうしようかと悩んでいるかもしれません。どのようなものなのか、何を書けば良いのかなどの疑問を事前に解消しておきたいですよね。今回は、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)に関してよくある疑問をいくつか挙げてご紹介します。



◎就活でのガクチカの目的とは?面接での深堀りを想定する


なぜESでガクチカを書く機会が多いのか、が気になるかもしれません。インターン・本選考にかかわらず『学生時代に力を入れたこと』の記載は求められます。その目的は、ご自身がどのような人なのかを知ることです。企業側は、得体の知れない人物を採用しなければなりません。毎月決まった報酬を出して仕事をしてもらう、かなりリスクの高い投資です。


そこで、企業はどのような人物で、自社で働く際にどのような成果が期待できるかを判断します。詳しく知るために面接が設けられますが、その材料としてESが利用されるのです。ガクチカを作成する際には、面接での深堀りを想定して書くことをおすすめします。具体的には、ガクチカで書く内容を始めたきっかけ、それを通して何を会社で活かせるのかまでを考えるのです。ESに書ける文字数は限られているため、概要を記すつもりでまとめると良いでしょう。



◎ガクチカはバイト/インターンやサークルでも作れる?学んだことがポイント


ガクチカ、つまり学生時代に力を入れたことを書こうとすると、どうしてもインパクトのある内容を考えてしまいます。「研究で●●に取り組んだ」「リーダーを任せられた」「新しい団体を作った」などは確かに印象には残ることでしょう。しかし、先程も触れましたが、ガクチカを通して企業が知りたいのは、ご自身がどのような人物であるかです。そのため、内容は目立つものにこだわる必要はありません。バイト・インターン・サークルでもリーダーは語られがちですが、会社がリーダーばかりを求めているとも限らないものです。むしろ、そのおかれた状況の中で、どのように行動し、社会人として活かせることとして何を学んだのかを伝える方が、聞き手からすれば明確に人物像が把握できます。インパクトよりもご自身の中身をどのように語るのが良いのかに重点を置きましょう。

キャリアチケット



◎エントリーシートのガクチカは高校時代の内容でも大丈夫なのか?


ガクチカを書く際に、「高校時代の内容でも大丈夫なのか?」と気になることもあるかもしれません。結論から申し上げますと、『学生時代に力を入れたこと』を問われている点で大学での話にすることをおすすめします。なぜなら、逆に高校時代の話で完結してしまうと、大学で何をしていたのだろうと思われてしまうかもしれないからです。もちろん高校時代の内容の方が大学時代のエピソードよりも非常に詳細に話せるのであれば問題ありません。ただ、それがきっかけで最近(大学に入ってから)はどのように進展しているのかまでまとめておくと、面接でも納得されやすいでしょう。



◎ESのガクチカで例文コピーをおすすめしない理由、嘘はバレる?


エントリーシートでガクチカを書く際には、例文をそのまま写せば良いとしているサイトなども存在しています。特に何も手間をかけずにESをまとめられる点ではメリットかもしれません。しかし、なるべくご自身の言葉を使って書き記すことをおすすめします。なぜなら、そこに書かれている例文はご自身の経験したこととは異なるためです。他人の体験談は、真似たところで深みがありません。後の選考で嘘がバレるのは、テンプレートをそのまま話すことでありきたりな内容になり、詳細を語れないからです。また、仮にESの選考や面接を突破しても、企業はご自身の本来とは違った姿で捉えています。誇張した状態で期待されると割に合わないことを任せられる可能性も高まりますし、何よりもご自身が苦しむことにつながるのです。例文はあくまでも参考情報としてとらえておくのが良いでしょう。もし使うのであれば、その文章の流れです。具体的なエピソードはご自身の体験談に変え、オリジナルの話に仕上げましょう。

就活



◎面接で問われるガクチカの書き方やない場合の考え方などはこちら


ここまで、ガクチカに関する疑問をご紹介してきましたが、どのように書いたら良いのかが悩ましいかもしれません。面接ではガクチカを基にその行動に至った考え方や原体験などを問われますので、ご自身の昔のことをしっかりと振り返る必要があります。ガクチカの書き方や、エピソードがない場合の考え方などはこちらの記事で触れておりますので、参考にしていただけますと幸いです。


◎まとめ


今回は、ESのガクチカ(学生時代に力を入れたこと)に関してよくある疑問をいくつか挙げてご紹介しました。ガクチカは、ご自身がどのような人物であるかを知るためのものですから、中身そのものは目立ったものにこだわる必要はありません。何を学んだか、それをどのように活かせるかを考えながら作成していきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました