スポンサーリンク

プロ野球(パリーグ/セリーグ)の順位の変動・貯金の推移(2022)をグラフで

Excel(エクセル)・Google・Wordpress


2022年のプロ野球の順位がどう変動しているのかが気になるかもしれません。組み合わせや試合予定も含め、プロ野球の貯金などの推移は、ペナントレースの行方を楽しむ上でも知っておきたいですよね。プロ野球の勝率の出し方(計算の方法)がわかると、ご自身でも順位表の作成が可能です。今回は、2022年のプロ野球の順位の推移を、セリーグやパリーグの貯金の推移なども含めてご紹介します。【随時更新】



◎プロ野球の勝率の出し方、計算方法


プロ野球の勝率の出し方は、[(勝った試合の数)÷(勝った試合の数+負けた試合の数)]です。割り算の分母のみにある負けた試合の数が増えるにつれて勝率は下がり(0に近づき)、もし一度も勝てなかった場合には0になります。一方で、勝った試合の数は分子と分母の両方にあるため、無敗(負けた試合の数が0)でも勝率は1です。つまり、プロ野球の勝率は0から1の間の数字を変動します。プロ野球では、順位は勝率の大小によって決まるので、ゲーム差などと含めてどの程度他のチームと差があるのかがわかる指標です。



●プロ野球の勝率、引き分けはどう影響する?


プロ野球の勝率の計算では、引き分けの数は含めません。ただ、だからと言って引き分けが全く影響しないわけではないのもポイントです。たとえば、3勝9敗(0.250)のチームの1勝1敗の試合がともに引き分けとなった場合、2勝8敗2分けで勝率は0.200に下がります。逆に、8勝4敗のチームと7勝3敗2分けのチームを比較すると、後にご紹介する貯金は同じですが、勝率は前者が0.667・後者が0.700と勝った試合の数が少ないのに勝率が高くなりました。


つまり、引き分けの数が多いと、勝率が5割未満の(負けた試合の数の方が多い)場合はより勝率が下がり、勝率が5割より大きい(勝った試合の数の方が多い)場合はより勝率が上がります。また、これは数学的な確率上ほぼあり得ないですが、1勝0敗142分けのチームの勝率が1.000[1÷(1+0)]・118勝1敗24分けのチームの勝率が0.992[118÷(118+1)]となる可能性もあり、引き分けの数が順位やゲーム差にどのような影響を及ぼしているかをみるのもペナントレースの楽しみの一つです。



◎プロ野球の順位はどう変動している?推移のグラフ(順位表2022)


プロ野球では順位を勝率によって決め、ゲーム差などでどの程度差があるのかを把握できます。こちらはシーズンが進行するにつれて随時更新予定です。前年度である2021・2020の順位の推移を見たい場合はこちらをどうぞ



●セリーグの勝率・順位推移2022


セリーグは、開幕直後から3タテ(どちらかのチームが3連勝)が相次ぎ、勝率が極端に振れています。4月10日までに開催された14カードのうち、3連勝3連敗になったのが7カードです。


その傾向は4月下旬も引き続き見られ、3試合行われた11カードのうち3タテだったのは5カード、全18カードで片方のチームが全勝したのは半数の9カードもありました。阪神タイガースは4月14日にプロ野球新記録となる勝率0.063を記録しましたが、4月下旬に6連勝をマークするなどして3割台に上昇させています。



●パリーグの順位推移2022


ソフトバンクが開幕8連勝で、藤本博史監督が新人監督の開幕連勝記録を更新しました。記録更新に関しては、4月10日にロッテの佐々木朗希投手が21世紀初となる完全試合を達成し、同じ試合で連続奪三振は日本新記録の13・1試合奪三振は日本タイ記録の19をマークしています。


【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ


4月後半:記録を更新したロッテとソフトバンクが若干下降気味な一方で、楽天が好調を維持して抜け出しているのがわかります。



◎プロ野球の貯金の推移


プロ野球の貯金の計算は、[(勝った試合数)ー(負けた試合数)]です。負けた試合数が勝った試合数よりも多い場合には数値がマイナスになり、借金と呼ばれることがあります。勝率と同様に引き分けは計算に含まれませんが、引き算のため引き分け数は全く影響がなく、勝率での順位がそのまま貯金での順位と一致しないのもポイントです。


また、多くの場合には同じチームと3試合連続で試合をしますが、そのうちの2回(1勝2敗)または3回(3連敗)負けることを「負け越し」、逆にその回数勝つことを「勝ち越し」と呼びます・そのどちらになるかが貯金が増えるor減るの目安として捉えても良いでしょう。



●セリーグの貯金の推移


阪神タイガースは、セリーグ新記録となる開幕9連敗となり、4月8日の時点で早くも借金を独占する状態になるなど、大きく苦戦しているのがグラフからもうかがえます。




●パリーグの貯金の推移

ソフトバンクは開幕から5カード負け越しなし、一方で日本ハムは開幕から5カード勝ち越しなしとなり、貯金のグラフで差ができる要因になっています。




◎まとめ


今回は、パリーグやセリーグの順位の推移(2022)あるいは貯金がどのように変動しているのかを計算方法などと絡めてご紹介しました。プロ野球における勝率の動きは計算方法を知っていると求めることも可能です。応援しているチームがどの程度の位置にいるのかも調べるとより楽しみが増えるでしょう。2022年度も無事に最後まで開催されることを願っています。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました