スポンサーリンク

Googleフォームでの複数回答のやり方:上限の制限・自由記述・集計をExcelに

Excel(エクセル)・Google・Wordpress


グーグルフォームでアンケートをする際には、複数回答ができるようにしたい場合もあるかもしれません。Googleフォームで複数選択が使えると、回答数の制限もなくなり、使い道に幅が拡がりますよね。グーグルフォームでの作り方によっては、複数回答の数を制限したり、集計を効率よく進めたりすることも可能です。今回は、Googleフォームのアンケートでの複数回答に関して、回答数の上限の設定や自由記述での処理のやり方、集計でExcelやスプレッドシートでどのようになるかなどをご紹介します。



◎グーグルフォームでの複数選択の作り方(複数回答のやり方)


まずは、グーグルフォームでの複数選択の作り方をみていきましょう。Googleフォームのラジオボタンでは複数回答ができないため、別の機能を使います。Googleフォームで複数選択ができるのは、チェックボックスです。1つ以上であればいくつでも回答できる形式ですから、1つでも、全部答えても問題ありません。


グーグルフォームで複数回答に変えるやり方は、まず、『質問』を開き、回答形式を変更したい質問が書かれている部分をクリックします。右上に書かれているのが現在設定している回答形式です。特に何も変えていなければ「ラジオボタン」になっています。回答形式が書かれた部分を押すと、一覧が表示されるので、『チェックボックス』を選択しましょう。


選択肢の作り方はラジオボタンと同じで、その他を選ぶこともできます。回答者側から見えるのはこのような画面です。ラジオボタンは丸印◯なのに対し、チェックボックスは四角□にチェックが入り☑︎のようになります。



●Googleフォームのチェックボックスの「その他」で記述もできるように設定


Googleフォームのチェックボックスではその他に記述の選択肢を含めることも可能です。指定した選択肢以外にも回答者側から意見を求める際に利用すると良いでしょう。回答の選択肢のいずれかをクリックすると、一番下に『選択肢を追加または「その他」を追加』と書かれた項目が出てきます。記述の選択肢を含めたい場合には『「その他」を追加』をクリックしましょう。



◎Googleフォームで回答数に上限をつけて制限する方法


Googleフォームのアンケートで複数回答にするときでも、回答数に上限を設定したい場合があるかもしれません。チェックボックスは、1つ以上であればいくつでも選べる形式ですから、グーグルフォームで回答数を制限したい場合には追加の設定が必要です。


まず、Googleフォームで回答数を指定したい質問をクリックし、右下にある●が縦に三つ並んだ部分をクリックしましょう。すると、項目が3つ表示されるので、『回答の検証』を選択します。


質問の回答として入力している選択肢の下に、「選択する最低個数」「数値」「カスタムエラーテキスト」と書かれた部分が出てきました。「選択する最低個数」では、どのような制限を設定するかを決められます。選べるのは『選択する最低個数』『選択する最多個数』『選択する個数』のいずれかです。その隣の「数値」に入力する値によって回答数を決められます。Googleフォームのチェックボックスで上限を設定したい場合には、『選択する最多個数』を選びかつ「数値」に最大数を入力しましょう。「カスタムエラーテキスト」とは、上限などのルールに満たないような回答数を選んだ場合に、回答者側の画面に表示させる警告メッセージです。「5つまでしか選べません」などとルールを明記しておくとわかりやすいかもしれません。



●Googleフォームをテストで使う際の複数回答の使い道


Googleフォームをテストなどで使う場合に複数回答を求めることもあるでしょう。その際にも、このチェックボックスの『回答の検証』を利用すると使い道が拡がります。たとえば、『選択する個数』であれば「●●個」というピンポイントで回答数を制限できるため、「以下の選択肢から正しいものを3つ選びなさい」といった問題に対応可能です。


『選択する最低個数』『選択する最多個数』『選択する個数』のいずれかであるため、Googleフォームのチェックボックスでは、2個以上5個以下といった上限と下限を同時に制限することはできません。ただ、テストの場合には解答がなければそのまま✖が付けられますから、チェックボックスの『選択する最多個数』で上限の設定を優先すると良いでしょう。



◎グーグルフォームで複数回答を記述の方式で行う場合


Googleフォームでは、複数回答を記述でしてもらいたいこともあるかもしれません。たとえばテストでの「●●について3つ記述しなさい」がGoogleフォームで処理できると便利ですよね。しかしながら、短文回答ではチェックボックスのようには複数回答ができない仕様です。Googleフォームのチェックボックスには「その他」があり、何かを記述してもらいたい場合には利用できます。しかし、この「その他」は1つしか設定できないため、複数回答を記述式で求めるのであれば難しいでしょう。


考えられる解決策の1つは、同じ質問を複数作成することです。たとえば、メールアドレスを2種類集めたい場合には、「1つ目」「2つ目」と短文回答または長文回答を選択し、同じ質問を繰り返すことで求めている数の種類の記述ができます。ただし、前と違う回答にする設定はないため、同じ質問に対して2つとも同じ回答を書かれてしまうかもしれません。そこで、集計時にチェックが必要です。



◎Googleフォームで複数回答にしたとき、集計はExcelやスプレッドシートでどう処理する?


Googleフォームでの複数回答を集計した場合にエクセルやスプレッドシートではどうなるかも見ておきましょう。エクセルを出すにはシートやCSVを経由するため、集計時に見える形式は同じです。シートは一つの質問(設問)に対して1列が使われてるため、複数回答も1つの枠に収まり、[A,B,C]のように羅列されています。そのため、単にCOUNTIFを使うだけでは、各選択肢がいくつ回答されたかを数えられません。たとえば、「=COUMTIF(C4:C100,”A”)」としても、C4・C5にあるはずのAが数えられていないですよね。


スプレッドシートへの出し方はこちら



●Googleフォームでの複数回答の集計をスプレッドシートでするには?


スプレッドシートでの集計は、関数でそれぞれの要素を取り出すと良いでしょう。回答が記録されないシートの右側の欄に集計する部分を作成します。数式は、『=IF(ISERROR(FIND(検索文字列,検索対象のテキスト)=1),0,1)』です。特定の文字を探して、なければ0・あれば1個と数えています。「検索文字列」には回答にあるかを調べたい選択肢を入力し、「検索対象のテキスト」には複数回答が記録されているセルを入力しましょう。「検索文字列」はセル参照もでき、下の例のように文字列の一部分でも反応します。前者には数字の方、後者には英文字の方の前に絶対参照の$を付けておくと、数式のコピーが可能です。



●Googleフォームでの複数回答の集計をExcelでするには?


エクセルではこの式を使って求められるのに加えて、データツールを使うことでも集計ができます。使用するのは、Excel上部にある『データ』⇒「データツール」内の『区切り位置』です。分割したいデータを選択した状態で『区切り位置』を選択しましょう。「区切り位置指定ウィザード」という項目が出てきますので、1ページ目ではデータの形式を『コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)』を選択して『次へ(N)』を押します。


2ページ目は、どの文字を基準に区切るかを指定する画面です。Googleフォームで複数回答をした場合には、エクセルには選択肢がカンマによって並んでいます。これを利用して、区切り文字を『コンマ(C)』にすることで、『,』で別の列に並ぶようにしましょう。下の「データのプレビュー(P)」で選択肢が縦の線で区切られていれば問題なしです。


3ページ目は、区切った後のデータ形式を指定できます。ここで変更するのは「表示先(E)」です。書かれているセルから順に右へと順番に項目が割り振られます。しかし、グーグルフォームでは、分けたい回答の設問よりも後に別の質問があるかもしれません。そのため、質問の回答が入力されない列のセルを指定しましょう。最後に『完了(E)』を押せば完了です。選択肢が表示された範囲でCOUNTIFをすれば、各選択肢の回答数が数えられます。



◎Googleフォームで複数送信ができないようにする方法


Googleフォームで複数回送信があるのをお悩みかもしれません。アンケートであれば公平性を保つ、テストなどでも処理しやすいように、同一ユーザーからは1つの回答にしておきたいですよね。設定方法はこちらの記事で触れていますので、参考にしていただけますと幸いです。



◎Googleフォームで複数回答を分岐させる方法はこちら



◎まとめ


今回は、GoogleFormの複数回答に関して、作り方・制限・集計方法などをご紹介しました。チェックボックスを使うと同じ質問に対していくつもの答えを書くことができ、問い方にも幅が広がります。制限や記述なども組み合わせながら、目的に沿ったフォームを作りましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました