スポンサーリンク

2020年NHK紅白歌合戦出場歌手の歌の順番と曲順から予想される時間、ゲスト審査員も

音楽・紅白・カラオケ


年越しの風物詩と言える番組、第71回NHK紅白歌合戦(2020)の歌の順番が気になるかもしれません。用事の多い大晦日、常に見続けられるとは限らないからこそ、好きな歌手の歌う順番はしっかりと把握しておきたいですよね。今回は、2020年NHK紅白歌合戦出場歌手の歌の順番と曲順から予想される時間(タイムテーブル)、および紅白ゲスト審査員を含めた審査方法をご紹介します。



◎NHK紅白歌合戦2020での出演者の順番は?2019の曲順とどのように変わった?


2020年12月28日に発表された、NHK紅白歌合戦2020への出場歌手の順番は以下の通りです。紅組・白組の歌手はそれぞれの色で、特別企画は紫で表記しました。


2019年の曲順と比べてみましょう。2019紅白では、紅組が13組・白組が8組の先攻で例年通り紅⇒白の順番に歌われました。一方、2020年紅白歌合戦の出場歌手の順番は、紅組先攻が10回・白組先攻が9回とバランスがよくなっています。なお、ニュース中断を含めて五木ひろしvsNiziU・瑛人vsPerfumeの組み合わせと考えた場合には、紅組→白組が9回・白組→紅組が11回です。トップバッターがキンプリ(白組)・大トリがMISIA(紅組)であることから、NHK紅白歌合戦2020は普段と違う曲順である印象がより強くなっています。

そして、2019年は特別企画が9種類・メドレーが13組など乱発の印象を受けたかもしれません。特に、紅白歌合戦でトリと大トリが両方メドレーなのは史上初のことであり、2019年紅白出場歌手だけの順番でみたラスト5組が全てメドレーを歌う異常事態でした。それと比較すると、2020年の紅白では出演順ラスト4組はいずれも1曲のみの可能性が高く、紅白2020全体でもメドレーが6-8組で、特別企画も5種類にとどまったことから、落ち着いた構成になった印象です。



●紅白歌合戦追加出場歌手の発表、紅組YOASOBIが紅白初出場、歌唱曲は「夜に駆ける」


12月23日に紅白歌合戦追加出場歌手の発表があり、紅組からYOASOBIが紅白初出場を果たしました。歌唱曲は、CD未発売ながら今年最大のヒット曲とも評される『夜に駆ける』です。結果的に、紅組と白組が21組ずつで並びました。
それに伴い、第2弾で発表していた紅白歌合戦2020出場歌手予想の紅組22番目に色が付くため、的中率にも変化が生じます。(なお、メンバーが濃厚接触者になったことで出場辞退に至ったSnow Manは、代替者がいないことから、出場したものとみなし的中扱いとしました。)

出場歌手予想はこちら⤵


出場歌手一覧と的中率分析はこちら⤵


松任谷由実さんとさだまさしさんに関しては、企画枠での出演であり、NHKのページでは出場歌手の一覧に明示されていないため、橙色で表示しています。修正版の的中率は76.59%にまで上昇しましたが、依然として2019年紅白を下回る状態です。



◎NHK紅白歌合戦審査員は紅白ゲスト審査員の他に?無観客で変わる勝敗の決め方


2020年12月23日に、NHK紅白歌合戦審査員の概要が発表されました。紅白ゲスト審査員は、黒柳徹子さん・サンドウィッチマン・杉咲花さん・染谷将太さん・チコちゃん・宮崎美子さん・宮本亞門さん・室伏広治さん・吉沢亮さんです。黒柳徹子さんは、第9回紅白歌合戦(1958)を皮切りに、第31回紅白歌合戦(1980)・第32回紅白歌合戦(1981)・第33回紅白歌合戦(1982)・第34回紅白歌合戦(1983)で紅組司会を務めており、第66回紅白2015では総合司会も担当されています。


NHK紅白歌合戦審査員は紅白ゲスト審査員の他に、会場ホールの客席審査員と視聴者審査員の投票によって例年は紅白の勝敗が決まっていました。しかし、2020年の紅白は無観客開催が発表されており、勝敗の決め方にも変化が生じています。今回の紅白の審査は、デジタルテレビ(総合・BS4K・BS8K)のみです。また、視聴している時間によって投票できる票数が変わります。1回でも番組をつけると1票は入れられますが、5分連続視聴を10回達成するごとに票が増える仕組みなのです。


たとえば、紅白歌合戦を71分見てから別の番組に切り替え、また紅白を47分見たとしましょう。この場合、5分連続は、最初の71分で71÷5≒14回・次の47分で47÷5≒9回なので合計で23回となり、10回達成するごとに票が増えるため、2票+が入れられます。2020年の紅白の放送時間は、19時30分から23時45分でニュース中断が5分間ありますので、250分です。ただし、最終投票は23時35分ごろのため、どれだけポイントを貯められても240分に該当する48ポイントとなります。10回達成するごとに票が増えるので最大でも+4であるため、公式発表では最大5票と記載されているのでしょう。


これまでの紅白での審査は、前半と後半にありましたが、2020年の紅白は最終審査のみです。得た最大5票は後半最後の一括投票であり、紅組か白組のいずれかに全てが集中します。紅組:白組=2:3などと分けることはできません。長くテレビを付け続けるとポイントが増えていきますので、特に裏番組を見る必要がないなら放置しておくのが得策かもしれません。



◎2020紅白での曲順発表から推測される時間は?予想タイムテーブル


2020紅白歌合戦の曲順発表を受け、過去の傾向から推測される出演時間をまとめました。以下では、前半と後半に分けて、タイムテーブルを記載しています。企画やトークなどで時間帯は前後する可能性がありますが、見逃すのは辛いのでタイムテーブルまでには準備なさるのがおすすめです。


2020年紅白の出場歌手の順番をみると、特に前半にアイドルグループが固まっていることにお気づきかもしれません。2019年までの数年間の紅白では出演順が後半だったKing & Prince・乃木坂46・櫻坂46(欅阪46)が前半に登場し、日向坂46も含め坂道グループが集結したことでその印象が色濃くなりました。紅白前半の放送時間は例年であれば20:55までですが、80分間で20組と非常にタイトなタイムテーブルであるため、中断時間が後ろにずれ込む可能性も考えられます。


紅白歌合戦2020には初出場歌手が10組歌唱しますが、そのうち7組が後半に登場するのも大きな特徴です。2020年に特に注目された曲目を紅白の後半の曲順に詰め込んだ印象が強く、歴代最低視聴率になった前回からの巻き返しが期待されます。連続テレビ小説「エール」の特別企画→活動休止直前の嵐→鬼滅の刃メドレーはかなりの時間がかけられることが予想され、21時半ごろには待機しておくのが無難でしょう。



◎まとめ


今回は、2020年NHK紅白歌合戦出場歌手の歌の順番と曲順から予想される時間(タイムテーブル)、および紅白ゲスト審査員を含めた審査方法をご紹介しました。9月末より連載しました、紅白歌合戦SP2020も全5回で完結です。史上初の無観客など例年とは異なる状況ですが、無事に紅白本番が実現することを切望しています。寒い日が続きますが、温かく過ごして、大晦日を迎えましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました