スポンサーリンク

ドント方式とは?比例代表制でのドント式のやり方、計算の練習問題でわかりやすく

学び 小学校・中学校・高校・大学 受験情報


ドント方式とは何かが気になるかもしれません。参議院や衆議院選挙などで出てくるドント式、やり方をわかっていると理解が深まりますよね。今回は、ドント式とは何なのか、メリット・計算方法・練習問題を踏まえてわかりやすくご紹介します。



◎選挙におけるドント式とは?ドント方式とは何かをわかりやすく


衆議院選挙や参議院選挙の仕組みの一つに、ドント方式があります。ドント式とは、比例代表の選挙で用いられる、議席の数を決めるための計算方法の一つです。詳しくは次の項目以降で触れますが、獲得した票数を1.2.3.4…で順番に割り算をし、商(割られた後の数)の大きい順番に議席を分けていきます。世界の数十か国で採用されており、ドント式が日本で導入されたのは比例代表制が始まった1983年の参議院選挙で、衆議院選挙は小選挙区比例代表並立制となった1996年からです。

小選挙区では1位のみが当選するため、落選者である2位以下の票は国会の議席には反映されません。場合によっては半数以上の票が当選者以外に入ることもあり、有権者の意見とは裏腹に結果に偏りがある点を問題視されます。比例代表制のドント式は、投票数に応じて極力公平に割り振るため、ある程度の得票数があれば2位以下の政党にも議席の獲得が可能です。その点で、ドント式は総取り方式と違い、死票が生じにくく、特定の票数あたりの議席数がほぼ平等になるのが利点に挙げられます。



◎比例代表制でのドント式・ドント方式のやり方、計算方法をエクセルでも


言葉だけではイメージがしづらいかもしれませんので、ドント式の計算方法をみていきましょう。衆議院比例代表選出議員の選挙における当選人の決め方は、公職選挙法第九五条の二で定められています。ここで用いられているドント式とは、各政党の票数を1以上の整数で順番に割り算をして、出てきた数字の中で大きいものから順位を付けていく方法です。今回は、流れがよくわかるようにドント式をエクセルでご紹介します(紙などに書いていただいても同じ方法でできます)。


まず、1⃣政党(票を獲得した団体名)を横一列に並べて、2⃣次の行にそれぞれの得票数を順番に記入していきましょう。3⃣次の行には、それぞれを1で割った数字を書き込みます。4⃣その次の行には得票数をそれぞれ2で割った数字、5⃣さらにその次の行は”得票数”をそれぞれ3で割った数字です。既に割った商をさらに別の数字で割らないように注意しましょう(÷2までは間違いではありませんが、÷3は6で割ったのと同じことになってしまいます)。


ドント式で何回割るのかは割り振る議席数や得票数の偏りによって変わります。手間をかけたくない場合には、一旦10くらいまで割り算をして、次の作業でまだ足りない場合には改めて行っても良いでしょう。ドント式をExcelを使って計算するのであれば、絶対参照を使って数式をコピーするのがおすすめです。割られる数の列側つまり数字の方・割る数の行側つまり英文字の方に$を付けます。(★絶対参照がどのようなものなのかはこちら★)


商の中で最も大きいものが1番目です。次にそれ以外の商の中から2番目・3番目…と探して順番を付けていきます。割り算の数字が大きくなる下の行ほど数字は小さいので、大小を比較する際には、既に番号を振った数字に色を付けたり消したりして、最も上にあるもの同士のみを比較すれば早いでしょう。この例では次に、A・B・Cの1で割った商とD・E・Fの2で割った商で比べます。



◎ドント式はどこまで割る?割り切れない場合や同じ数字のときの決め方


ドント式ではどこまで割るのかが気になるかもしれません。なるべく正確な数値で比べるために、ドント式で割り切れない場合も、切り捨てはせずに少数点を含めた数字で求めます。ただし、ドント式をエクセルなどで計算する場合には、桁数が多いと見えづらく、商の大小を比較するのが目的ですから、少数第2位や第3位までなどと統一すると見やすいでしょう。(★桁数を合わせる方法はこちら★)

選挙では得票数が多いこともあり、きりの良い数字になることはほぼないです。しかし、ドント式で同数の商が出てくる場合も否定できません。ドント式で同じ数字になった場合には、選挙会において選挙長がくじでどちらに議席が入るかを決めると公職選挙法第95条2項2号で定めています。つまり、場合によっては最後の1議席がどちらになるかがわからないこともあるのです。ドント式の計算問題を通して、どのようなイメージになるかを確かめてみましょう。



◎ドント式の練習問題、中学受験でも出てくる計算問題


ドント式の問題は中学受験でも出てくることがあります。ドント方式は基本的には計算問題ですから、練習問題を通してマスターしていきましょう。

[15議席が与えられている比例区に、6つの政党から立候補しました。得票数はそれぞれ、A党:24436票・B党:32960票・C党:10831票・D党:15179票・E党:54161票・F党:64928票です。各党の獲得議席はそれぞれいくつでしょうか?]


同じ計算方法で進めていきます。1.2.3.4.5…と順番に割り算を繰り返し、先ほどの注意のように、整数ではなくても四捨五入せずにそのままにしておきましょう。


得票数の割り算が終了すれば、議席配分です。「一番大きな数字から順番に選んでいく」のがルールですから、票数が多いところは先にいくつも議席が獲得できます。たとえば、F党は3で割った数字が21642.666…はD党の1で割った数字15179よりも大きいので、D党の1議席目よりもF党の3議席目が優先です。この操作を繰り返し、定数に達したところで終了します。A党:2議席・B党:3議席・C党:0議席・D党:1議席・E党:4議席・F党:5議席となりました。



◎繰り上げ当選も?ドント式の例、衆議院/参議院選挙の比例代表や総裁選


ドント式は、国政選挙の衆議院選挙や参議院選挙で採用されています。衆議院選挙の比例代表では全国を9つのブロックに分けて計算が9種類行われ、参議院選挙では比例区で全国の総得票数で議席配分です。また、ドント式は、総裁選の党員票でも利用されます。全国の党員・党友から集まった得票数に応じて、回ごとに設定されている党員票(2021年であれば全体の半数に当たる382票)に反映されるのが特徴です。


ドント式の例外として、繰り上げ当選の存在を押さえておきましょう。小選挙区での予想以上の当選や惜敗率による重複立候補対象外などで、ドント式での議席数よりも名簿登載者数が少なくなった場合、その政党からは立候補者数までしか議席を獲得できません。余った議席は、さらに割り振りを続けて別の政党に与える繰り上げが行われます。たとえば、F党の候補者が4人しかいなかった場合、5番目は[登載者不足]になるため、次に数字の大きい(16番目の)E党に1議席が配分されるのです。このように、場合によっては本来であれば数字が小さいために落選していた比例代表名簿登載者が繰上当選する事例もあります。


ドント式とサンラグ式の違いがよくわからないかもしれません。サンラグ方式は、ドント式と同じように割り算をしますが、違いとして割る数が奇数のみである点が挙げられます。つまり、割る数が1.3.5.7.9…の順で1つ飛ばしです。割られた後の数である商の減り方が大きいので、ドント式よりも小さな政党が選挙で議席を獲得しやすい仕組みになっています。先ほどの例で試してみると、ドント式では0だったC党が議席を確保できました。


また、ドント式はアダムズ式とも比較されることがあるかもしれません。アダムズ方式は、国政選挙の都道府県の議席を人口に応じて比例配分することで、得られた商の小数点以下を切り上げることで議席数を算出する方法です。分配する考え方や選挙で用いられている方法などの点は同じですが、計算方法や用途は随分と違いがあると押さえておくと良いでしょう。



◎まとめ


今回は、ドント方式がどのようなものであるかについて、やり方や注意しておきたい点などをご紹介しました。比例代表の得票数に応じて議席を配分する仕組みのことであり、実際に票数を割って商を比較するとよりイメージしやすいかもしれません。例外や似たような方法もあわせて押さえておくと、より理解が深まるでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました