スポンサーリンク

戦略的投票とは?情勢分析や当落予測からの選挙の候補者の選び方と当選確実に導く投票方法


選挙の際には、どの候補者に投票するのかを迷っているかもしれません。ご自身が一番当選してほしい候補者に入れるのが普通なのですが、似た考えの別の方に入れる方法があるのをご存知でしょうか?『戦略的投票』と呼ばれるもので、衆議院/参議院選挙では当選確実を増やすために起こっていることです。今回は、『戦略的投票』とはどのような仕組みのものか、メリットや注意点をご紹介します。



◎戦略的投票とは?選挙で戦略投票をする際の候補者の選び方と投票方法


『戦略的投票』は戦略投票とも呼ばれます。簡単に説明すると、第一希望の候補者ではなく、当選するかしないかがぎりぎりの候補者の中で考え方が近い方に、敢えて投票することを言うのです。



●戦略投票の前提条件、衆議院選挙・参議院選挙とともに比例代表は関係ない


前提として、この『戦略的投票』が通用するのは選挙区で、衆議院選挙・参議院選挙で設けられている比例代表は関係がありません。政党または政治団体の得票数に応じて議席が決まり、議席数もかなり多いためです。選挙区と比例代表について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしていただければ幸いです。



●戦略的投票が起こりやすい条件とは、衆議院選挙の小選挙区では珍しい?


『戦略的投票』は、複数人が当選する選挙区でよく見受けられます。なぜなら、1人のみが当選する選挙区は、他の候補者に投票する行為は最も当選してほしい人を落選させることに直接つながるからです。そして、近年は与野党ともに候補者調整が進み、考えの近い候補者同士が競合することが稀になってきています。そのため、都道府県議会議員選挙や国政選挙である参議院議員選挙が戦略的投票が考えられる場です。参院選の複数人区を見てみましょう(人数はその地域の当選者)

5人…東京都
4人…埼玉県・神奈川県・愛知県・大阪府
3人…北海道・千葉県・兵庫県・福岡県
2人…茨城県・静岡県・京都府・広島県


◎戦略的投票を行うメリット、当選ラインから当選確実に押し上げる仕組みとは


戦略投票をした場合にどのような恩恵があるかが気になるかもしれません。戦略的投票の強みの一つとして挙げられるのが、ご自身の票がより考えの近い候補者を当選に導く可能性が高まる点です。もちろん、誰に投票しても1票であることには変わりません。しかし、それが他の方からも支持が多く当選確実な候補者なのか、それとも当選するかがわからない候補者なのかでは重みが違ってきます。例を挙げてご紹介しましょう。



●優位な候補者からぎりぎりの候補者に移して同じ政党からの当選を増やす


ここでは、3人当選の選挙区で7人が立候補している想定です。上の欄ではA党のQさん→B党のRさん→C党のOさん→無所属のPさんの順番で、Qさんと同じA党のMさんがその後に付けています。このままの票であれば当選はA党のQさん→B党のRさん→C党のOさんの3人ですが、ここでQさんの票のうち10万をMさんに移すとどうなるでしょうか。今度は、Q→R→M→O→Pの順番に変わり、A党の候補者が2人当選圏内に入りますよね。



●劣勢の候補者の票を当選ぎりぎりの候補者に集めて当選確実に押し上げる


逆に、劣勢の候補者に入れる予定だった人が当選ぎりぎりの候補者を押し上げるのにも効果的です。たとえば、上記の例でC党とD党の政策が近かったとしましょう。A党が10万票を移したことで、このままでは両党とも候補者が当選しません。そこで、苦しい情勢とされたD党のSさんに入れる予定だった人の4割がC党のOさんに投票先を変えるとどうなるでしょうか。


順番がQ→R→O→M→Pとなり、MさんをOさんが逆転しました。結果的に、より考えの近いC党のOさんを当選させ、異なる政党の候補者の議席も一つ減りますよね。このようにして、当選が厳しい候補者を諦め、ぎりぎりの候補者を押し上げることで、少しでも考えの近い方が当選できるようにするのも、戦略投票のメリットの一つです。



◎戦略的投票の注意点、情勢分析や当落予測を鵜呑みにしない



●一番当選してほしい候補者が当選確実圏外に落ちることもある


戦略的投票によって、ご自身の1票を当選するかがわからない候補者に投じて、結果を動かせる可能性があることは魅力に感じるかもしれません。しかし一方で、あまりにも過剰に動くと、ご自身が本当に当選してもらいたい方が逆に落選してしまう結果にもなりうるのです。例を挙げてみましょう。


特に何もない状態で投票が行われたのが上であるとしましょう。このときの順番はH→L→E→FでLさんと同じA党のFさんが当選ぎりぎりのところに位置しています。そこで戦略投票を考えて、15万人がLからFに流れるとどうなるでしょうか。グラフの下の通り、Fさんは当選しますが、逆にLさんは落選してしまいます。同じ政党であっても、考え方の違いはありますので、一番入れたい候補者がこのようにして落選してしまうのは避けたいですよね。戦略的投票を行う際は、第一希望の候補者が圧倒的に優位あるいは当選が厳しい情勢の場合に考えるのがおすすめです。



●選挙結果は開票されるまでわからない


そして、何よりも戦略投票を考える際に気を付けたいのが、誰が当選するかは開票するまでは確定しないことです。もちろん、過去何度も当選している・事前の調査でも支持が高いなどの理由からすぐに当選確実が出る候補者も存在します。一方で、開票作業が進んで、深夜に開票率が98%くらいになって初めて当選者が確定する例も衆議院選挙・参議院選挙ともに毎回十数例はあるのです。情勢が変化することもありますので、優勢であることを確信し過ぎないことをおすすめします。



◎まとめ


今回は、『戦略的投票』がどのようなものなのか、メリットや注意点をご紹介しました。明らかに優位あるいは厳しい候補者から、当選ぎりぎりの方へ投票先を変えることで、より考えの近い人を多く投票させられる可能性が高まります。もちろん、予想とは違った結果になることもありますので、情勢を参考にしつつも、慎重に考えて判断しましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました